『英会話学校に一年間通っているけど全く英語が話せるようになっている感じがしない。』

『英会話をしようとしても、いつも同じことしか言えない。』

このような悩みをお持ちの方は多いいと思いますし、私もこのような悩みを持っていました。

英会話力をアップするためには、実は文法の学習が絶対不可欠とうことをご存知でしたでしょうか。

なぜ、英会話のために文法を学ぶ必要があるのか。

スピーキングのための文法の学び方をご紹介します。

 

英会話のためには「話すための文法力」をみにつけよう。

英語スピーキングの文法の学び方

英語に文法力は必須
英語を話すにあたって、英文法を覚えることは必要不可欠です。

文法は文章を作っている法則のことです。

英語の文章を組み立てる法則を使いこなすことができないで、英文を話せるようになるわけないのです。

英語を話すということは、頭でとっさに文法を使いこなし英文を作りあげるということです。

英文を作るための文法をスピーキングのための文法と読んでいます。

スピーキングが伸びなかったり、毎回同じ文章しか作れないのは、文法力の欠如が原因です。

スピーキングのための文法を学ぶ必要性はここにあります。

 

ブロークンイングリッシュは直しにくい

中には、「単語を組み合わせれば通じるから、英文法なんてあまりに気にしなくても良い。」という人もいます。

確かに英語をネイティブとしている外国人は、英語に慣れきっているので単語を並べただけでも伝えたいことをある程度察してくれるでしょう。

しかし、最初はそれで良いかもしれませんが、その話し方を長い間続けていくと癖になってしまい、文法を使って英語を話すことが、最初から英文法を使った人よりも難しく感じてしまいます。

単語を並べるだけでも日常会話程度であれば通じるかもしれませんが、単語を並べるだけの話し方は、日本語で言う言葉を覚えたての子供のような話し方になってしまいます。

日本語で想像してみると、大人になってそんな話し方で人と接したくないですよね。

また、日常会話で十分だったはずなのに、突然仕事で使うことになった等の場合も、すぐに英文法を叩き込んで話せるようになるのはとても難しいです。

英語を話せるようになるためには英文法を学ぶことは必須と言えるでしょう。

 

話すための英文法を身につけよう。

テキスト上の問題や、試験での文法問題を解くのはできるけど、実際に話すとなると使うことができない、という人は多いのではないでしょうか。

英語を話す為に英文法を学ぶためには、実際に英文法を使って話すトレーニングをする必要があります。

日本語でも、言い慣れていない言葉や言い回しは少し言いづらかったりしますよね。

その言いづらさを解消するためには、その言葉や言い回しに慣れる必要があります。

文法を使って話す練習方法としては、英文法のテキストなどを使い、エクササイズ問題や例文を自分で繰り返し音読してみることがオススメです。

英文法を使うことに脳と口を慣らせることができればスムーズに使えるようになるので、繰り返し何度も練習していくようにしましょう。

または、英文法を用いた質問を英会話の先生や、ランゲージエクスチェンジの外国人の友人に繰り返ししてもらいましょう。

質問に英文法を使って回答するということを繰り返すクエスチョンニングの練習もオススメです。

 

英文法のおすすめのテキスト

テキストはAZARの”Understanding And Using English Grammar”をオススメします。

このテキストは英文法の解説や練習問題が豊富に揃えられており、テキスト内の言語はすべて英語なので、英語で英文法を学ぶということができます。

さらに、このテキストは初級から上級と、英語の上達レベルによって自分に合ったレベルを選ぶことができます。

なので、簡単すぎる、難しすぎる、ということを防ぐことができるので、自分に無理なくしっかりと理解しながら学習を進めることができます。

 

テキストの使い方として、1日1時間程度学習を行うことをおススメします。

本の内容は。英文法が章ごとに分かれており、1章ごとに3から10ほどのコンテンツが含まれており、簡単なものほどコンテンツが少なく、難しいものほどコンテンツが多くなっています。

そして、そのコンテンツごとに3つから6つほどエクササイズが入っています。

各章ごとに過去形と未来系に分けられ、コンテンツごとに過去分詞、過去完了、などさまざまな時系列に対してじっくり学べるように構成されています。

このように、1章の内容の濃さと用意されているエクササイズはかなりの量になるので、1章は大体3週間から1ヶ月を目安に終わらせるようにしましょう。

学習時間は1時間で大丈夫ですが、しっかりと自分が理解できるまで1つのコンテンツを何度も繰り返すことが大事です。

 

AZARの本を使った学習の仕方

学習の仕方としては、まずエクササイズの問題を解きましょう。

エクササイズの文法を用いた疑問文をたくさん作り、その質問に自分で答えることを繰り返します。

この時、文法の使い方に口を慣らせるために声に出しながら行ってくださいね。

そして、使う文法はコンテンツごとに扱われている文法で統一しましょう。

時系列も過去形を勉強しているのではあれば過去形のみ、といった形で1つのコンテンツで1つの文法を集中して学ぶようにします。すべて音読をしながら行いましょう。

 

AZARの本を使用して、オンライン英会話の先生とクエスチョニングを行う

自分で疑問文を作り回答することを繰り返していく中で、内容を見なくても音読できるくらい覚えた後は、オンライン英会話の先生に同じような疑問文を作ってもらいひたすら質問してもらうようにしましょう。

繰り返し質問を行い、回答をするというクエスチョニングの練習方法では、必ず文法を指定して、その文法を用いた質問、回答文にすることが大切です。

これを行うことによって、文法を使うことに慣れるだけでなく、先生の質問を聞くという作業も含まれるのでリスニング力も格段に上がります。

また、先生の質問にすぐに答える、ということを心がければ、脳内で日本語に変換して理解するという時間がなくなり、次第に英語を英語で理解できるようになります。

なので、この練習方法をするだけでも、英語力は格段に上がると言っても良いでしょう。

 

文法学習は今すぐはじめましょう。

英語を話したい!と思うなら、スピーキングのための文法の学習を、始めるのと始めないのとではかなり大きな差があります。

時間がない、という人でも1日1時間さえあれば英語の学習はできます。

オンライン英会話を利用すれば、自由にレッスン時間を選ぶことができ、一番短くて30分のレッスンから選ぶことができるのです。

ほんの少しだけ、自宅での空き時間を有効活用してみませんか?

また、週に1回英会話学校に通うこともオススメです。週に1回、英語の学習進捗を先生に見てもらうことで改善点もわかりますし、学習のモチベーションアップにも繋がります。

そして何より、オンライン英会話や英会話学校は、自分一人で勉強するのではなく、先生と一緒に勉強をします。

一人ではついつい甘えがちになってしまう人も多いと思いますが、先生がいることによって3日坊主を防ぐこともできます。

オンライン英会話と英会話と活用した効果的な学習方法は「オンライン英会話学校を活用した、正しいスピーキングの上達方法」でも紹介しています。

せっかく英語を話したい!と思い行動するのですから、使えるものはすべて使って本気で勉強してみませんか?

また、英会話を成立させるためには、「英語力」と同時に「話題力」も鍛えていかなければなりません。

英会話が続かないな?と感じているなら、「話題力」を見直してみると良いです。

話題力については「英語スピーキングの上達の近道は、「話題力」をあげることだった」という記事で紹介しています。是非とも参考にしてください。

 

最後に

英文法の練習は、英語がある程度話せるようになってからではなく、英語を話したいと思った時にはじめましょう。

自分ではどうしようもない癖を直したくても、直すにはかなりの時間と労力がかかりますよね。

英語も同じように、一度ブロークンイングリッシュで慣れてしまうとその後しっかりとした英文法を叩き込むのはすごく大変です。

ブロークンイングリッシュに慣れてしまう前にしっかりと正しい英文法を使い慣れることが大切です。

英文法を練習するのも、便利でわかりやすいテキストもありますし、実際に英語をマンツーマンで練習することができます。

オンライン英会話や英会話学校など活用できるツールはたくさんあります。

時間がない人、続けられるか不安な人、たくさんいると思います。

英語を話したいと思ったのなら、是非本気で文法の学習をしてみましょう。