【中級者編】映画で英語のリスニングを勉強する、超効率的な方法

ある程度英語で何を言っているのか理解できるようになった人には、英語音声の映画をリスニング教材にすることをオススメします。

映画をリスニング学習に使う大きなメリットは、実際にネイティブが使っている生の英語を聞くことができることです。

その英語は、リスニング教材のように単調なものではなく日常生活やビジネスなどあらゆる場所で使用されている自然な英語です。

教材のリスニングはわかるのに、ネイティブと話したら何もわからなかった、ということをなくす為にも映画は効果的なリスニング教材と言えるでしょう。

また、映画では教科書や教材の英語には決して出てこないスラングや略語が豊富に出てきます。

実際に外国人と英語でコミュニケーションをとりたいとなると、これらの理解は必要不可欠です。

また、リスニング教材をひたすら聞くだけの単調な学習ではなく、映画はストーリーを楽しむこともできます。

自分の好きな映画を使うなどすると、楽しく学習することができます。

初心者が映画でのリスニング学習が向かない理由

映画はリスニング教材として効果的と紹介しました。

あくまで映画などのリスニング学習は、ある程度英語を聞き取れるようになった中級から上級の学習者向きの学習方法です。

厳しいようですが、英語の初心者には向いていません。

映画が英語初心者には向かない理由

映画はビジネスシーンや日常生活など普段の生活と変わらないシーンが盛りだくさんで、話す英語のスピードもネイティブが普通に話すスピードです。

英語を勉強し始めたばかりの初心者には、英語が早すぎてまったく聞き取れずリスニング学習には向いていないのです。

さらに、映画にはテキストには載らないようなスラングや略語、時には乱暴な表現などがたくさん出てきます。

スラングや略語は、基礎ができていない初心者が学ぶにはまだ早いと言えます。

初心者は別のリスニングの学習を行う必要があります。

ある程度聞き取れるようになってから、映画を利用するようにしましょう。

3、4割程度、字幕なしで理解できるようになったら

映画リスニングを始めて、34割程度字幕がなくても理解ができるようになったら、次のステップに進むことをお勧めします。

まず、セリフのシャドーイングを行ってみましょう。

シャドーイングとは、聞こえた英語を後追いして、同じように口に出すという方法です。

台詞を真似るためにはしっかりと台詞を聞き取ることが大前提です。

シャドーイングを行うことで自分がどれだけ正確な文章で英語を理解できているか確認することができます。

文章の中の一部の単語で意味を理解していた場合は、その単語や前後の文章しかシャドーイングが出来ないはずなです。

全ての文章をシャドーイングできた時にはその台詞を完璧に理解していたと言えます。

34割理解できるようになったのであれば、文章中の単語のいくつかは理解ができているということなので、シャドーイングを行う時もその単語は難なく言うことができるでしょう。

そして、回数をこなしていくうちに、段々と文章で後追いができるようになっていきます。

そして、そのシャドーイングに加え、日本語字幕ではなく英語字幕をつけるとより効果的になります。


英語の字幕をつけて見るメリット

英語音声に映画の字幕をつけて見るという方法も超効果的です。

英語音声に英語字幕をつけて映画を見るメリットは、英語で英語を理解するトレーニングができるということです。

映画のセリフは、リスニング教材のように文章ごとに間が空くことなく、畳みかけるようにセリフがたくさん出てきます。

日本語字幕であれば、その早いセリフでも日本語で意味を捉えることが出来るので追いかけることはできます。

脳内で一度日本語に変換してしまうので、英語を英語で理解するためには不十分なのです。

英語音声に対し英語字幕にすることで、早いスピードのセリフに対して、畳みかけるように現れる英語字幕を即座に理解する必要があります。

英語の字幕で映画をみることによって、英語を、日本語を介さずに理解するトレーニングができます。

英語の字幕でスラングや略語を確認する

また、英語の字幕をつけることによって、英語の省略形(he ishe’sなど)や英語の聞き取りが難しい原因でもあるリンキング(get itgetitのように聞こえるなど)の分析ができるようになります。

なので、リスニングでわかった発音と実際の英文を見比べて、省略形やリンキングの規則性や聞こえ方を把握することができ、さらにリスニング力を伸ばすことができます。

そして、そこにシャドーイングを含めることによって、しっかり理解できているか確認ができるだけでなく、発音やイントネーションを真似ることでより英語らしいスピーキングに近づける効果もあるので非常におすすめです。

最後に

映画好きな人は多いですし、そこまで好きじゃない人でも一本はお気に入りの映画がある人が多いですよね。

自分の好きなものを勉強の材料にして楽しく勉強することは、学習のモチベーションにもなり長く継続して勉強することに効果的です。

映画の勉強はある程度理解ができるようになった中級から上級者向けの学習方法です。

そこまで勉強をしてきた自分へのご褒美といった形で、是非映画を取り入れてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ