オンライン英会話でビジネス英会話!オンライン英会話の徹底比較

この記事の目次

オンライン英会話でビジネス英語の比較をする際のポイント

▷▷2018年の最新ランキングはこちら◁◁

ビジネス英語を教えているオンライン英会話は数多くありますが、一体どのオンライン英会話のビジネス英会話がよいのでしょうか。

数あるオンライン英会話の中からビジネス英語を選ぶには、3つのポイントを基準にして選ぶと良いです。

その三つの基準とは、講師の質、業務上必要な英会話が学べるか、ビジネスシーン別英会話が学べるか、という基準です。

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を比較する評価項目

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を比較するときに、押さえておきたいポイントがあります。

今からあげるポイントを押さえてオンライン英会話を選べば、失敗することはありません。

講師にビジネス経験がありかつ講師の質の高いオンライン英会話

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶ際には、講師の質がポイントになります。

講師に生徒を教えるやる気とモチベーションがあるのはもちろんのこと、講師にビジネスの経験があるかないかが重要になります。

オンライン英会話の中には大学生のアルバイトやオンライン英会話の講師が初めての就職先だったりする講師を雇用しているところがあります。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶには、ビジネス経験が豊富な先生を講師として採用しているオンライン英会話を選びましょう。

シチュエーション別の言い回しやビジネス英語に対応しているオンライン英会話

挨拶や電話の応対などには、毎回同じ言い回しを覚えておくだけで使いまわせる英語があります。

ただ言い回しも練習が必要で、普段から言い慣れておかないととっさの時にパッと口から出てこないです。

そして言い回しほど礼儀作法に近いものばかりなので、決まった時に決まった英語がでてこないと相手も多少違和感をかんじることもあります。

電話応対や挨拶や来客対応など、決まった言い回しをいくつか覚えておくだけである程度使いまわせる場面があります。

業務上必要な英会話が学べて費用対効果が高いオンライン英会話

業務上必要な英語を学べるかということもポイントになります。

プレゼンや打ち合わせや会議、海外との電話応対など業務上に必要な英語は様々ですが、日常英会話とは気をつけるポイントや言い回しが違います。

業務で必要な英会話を学べるオンライン英会話は多くはありません。

ビジネス英語を教えているオンライン英会話は多いいですが、しっかりと業務上必要な英語を学べるオンライン英会話はすくないです。

数あるオンライン英会話の中でも、しっかりと業務に必要なビジネス英語を学べる費用対効果の高いオンライン英会話を厳選しました。

 

ビジネス英会話を学べるおすすめのオンライン英会話の徹底比較

 ビズメイツDMM英会話産経オンラインネイティブキャンプeyesenglish
業務でつかう言い回しが磨ける9点
⭕️
対応
5点

多少
6点

講師によって対応
3点
0点
×
職業別のビジネスの専門英語に対応7点

対応
3点
×
講師がビジネス経験ない人がほとんど
7点

ホスピタリティー専用のコースあり
0点
×
0点
1レッスンあたり(50分)の料金5点

290円
10点

148円
最安値
9点

158円
5点

165円〜
予約などに別途費用
3点

313円
講師のビジネス経験と質10点
⭕️
講師はビジネス経験者のみ
4点

講師はビジネスの経験なし
6点
0点
×
4点
自分のビジネスのサポート10点
⭕️
自分のビジネスのアシストあり
3点
2点
×
0点
×
0点
×
総合評価41点
⭕️
25点
30点
8点
×
7点
×

 

ビジネス英語が学べる人気オンライン英会話の比較ランキング

ビジネス英語が学べるオンライン英会話を比較してランキング形式にしました。

【第1位】ビジネス英会話が学べるオンライン英会話:ビズメイツ

ビズメイツの

ビズメイツ(bizumates)の特徴

・講師はビジネス経験者のみ採用
・プレゼンの予行練習やメールの添削
・1レッスン290円〜とお得

>>ビズメイツの詳細と無料体験の申し込みはこちら<<

ビズメイツはビジネス英語に特化したオンライン英会話です。ビズメイツがビジネス英語に強い理由は3つあります。

1,ビズメイツはビジネス英語しか教えていないため、経営資源をビジネス英語の質の向上に全力でとりくめること

2,講師はビジネス経験者のみの採用で他のオンライン英会話と徹底的にビジネス英語で差別化していること

3,英語のコミニケーションだけでなく、日本のビジネスのコミニケーション文化の基本から見つめていること

の3点が挙げられます。

ビズメイツはビジネス英語専門のオンライン英会話だけに、講師もビジネス経験者で、業務上で使う英語やシチュエーション別の言い回しもバッチリ学ぶことができます。

ビズメイツの基本姿勢として

「日本について全く知らない外国人が、自分の上司や部下になった」

というシチュエーションに対応できるビジネスパーソンを育てることをミッションとしてます。

ビジネス上の英語はコミニケーションが英語が話せれば良いというだけではなく、お互いのビジネス文化に基づく相互理解の上に成り立つコミニケーションが必要です。

ビズメイツではビジネス英語そのものを学ぶことができるのはもちろんのこと、文化が違えども成り立つコミニケーションスキルの習得も可能です。

>>ビズメイツの詳細はこちら<<

【第2位】ビジネス英会話が学べるオンライン英会話:産経オンライン

産経online英会話の レビュー

・小売店やレストランなど、おもてなし英語が学べる
・スピーキングテストで進歩を確認
・375レッスン以上の豊富なビジネスレッスン

ビジネス英語が学べるオンライン英会話の第2位は産経オンライン英会話です。

産経オンライン英会話の特徴として、ホスピタリティ業種に従事している方向けにホスピタリティ英語のレッスンを提供しているということです。

近年外国人旅行者が爆発的に増えており、レストランやお土産やさん、タクシーやホテルで働く人たちの英語の需要は高まっています。

オリンピックが開催されることもあり、今後もますます英語の必要性はましていきます。

ホテルやレストランなどの外国人旅行者と会話する機会が多い接客業者向けに、産経オンライン英会話は専門のレッスンを提供しています。

職業別のレッスンはテキストに対応していて、各45レッスンずつあります。

もちろんプレゼンや打ち合わせの英語を学ぶ必要があるサラリーマンのための英会話も用意しています。

一定のレッスンを履修後に受けることができるスピーキングのテストも用意されていて、学習のモチベーションもうまく保てる工夫がされています。

職業別英語を学びたかったり、スピーキングのテストでモチベーションを保ちながら学習したい方には最適なオンライン英会話です。

 

>>産経オンライン英会話の詳細はこちら<<

 

【第3位】ビジネス英会話が学べるオンライン英会話:DMM英会話

DMM英会話

・TOEICやTOEFLや英検などの資格試験に対応
・ネイティブにビジネス英会話を学べる
・24時間営業

DMM英会話は総合英会話ですが、ネイティブ講師にビジネス英会話を学ぶことができる数少ないオンライン英会話です。

ただネイティブにビジネス英会話をしてもらうためにはネイティブプランという料金プランに申し込まなければならないため、多少割高です。

どうしてもネイティブ講師にビジネス英会話を習いたいという方以外には、あまりメリットはないかもしれません。

忙しいサラリーマンには嬉しい24時間営業なので、深夜遅くまで仕事をしている方や、変則的な勤務時間の方でも深夜のレッスンに対応しています。

料金的にも業界の中では最安値のオンライン英会話の一つです。

また、TOEICやTOEFL、英語検定などの資格試験にも対応しています。

講師の予約時に条件付きで予約すれば、資格取得のための英語を学ぶことができます。

>>DMM英会話の詳細はこちら<<

【第4位】ビジネス英会話が学べるオンライン英会話:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

・ビジネス英会話をカランメソッドで学べる
・TOEIC対策ができる
・レッスンは5分でも可能

ビジネス英語をカランメソッドで学ぶことができます。

カランメソッドは講師が疑問形で投げかけた質問に通常文で答え続ける英会話学習メソッドで、英会話の習得のためのメソッドとして注目されています。

ネイティブキャンプの特徴としてTOEIC対策ができることや、レッスン時間を好きな時に好きなだけ受けられます。

>>ネイティブキャンプの詳細はこちら<<

 

ビジネスで使う英語表現や言い回しやシーン別英語が学べるオンライン英会話

「電話に出たら英語で話しかけられ、そっと切ってしまった」

「英語を話しかけられ、頭が真っ白になってしまった」

いきなり英語で話しかけられると頭が真っ白になり、何も言えなくなってしまいました。

しかし、オンライン英会話で英会話を学べば、業務でとっさに英語で話しかけられても口が英語を覚えています。

英語は何回も何回も練習することによって、体が英語を覚えるようになります。

たとえ頭が真っ白になって英語がわからなくなっても、日々の練習で毎日英語を口にすることによってとっさの英語もバッチリです。

業務上必要な英語をまなべたり、電話対応や接客の言い回し表現を学べる英会話教室で、毎日英会話を勉強しましょう。

業務上必要な英語のフレーズや言い回しを毎日効率的に学ぶことができるのは、オンライン英会話です。

オンライン英会話で英語を学んで、シーン別業務別の英語に対応できるようになりましょう。

オンライン英会話でシーン別英語を学ぶにはこちら

ビジネス英会話の職業別の専門英語が学べるオンライン英会話

職業や職種ごとに使う英語は違います。

タクシーの運転手やホテルやレストランといった接客の英語から、貿易事務や製薬会社など、英語が必要な職種は多種多様です。

しかし接客と貿易と製薬会社の英語は同じではありません。

職種ごとに使う専門用語も違いますし、言い回しや敬語なども違います。

オンライン英会話で英語を学ぶときは、職種ごとのフレーズや単語に対応しているオンライン英会話が良いです。

オンライン英会話を選ぶときは、職業別の英語に対応しているオンライン英会話を選びましょう。

職業別の英語に対応しているオンライン英会話はこちら

職業別の単語やフレーズや敬語が学べるオンライン英会話

英語は職業別に違いますが、一番違うのは専門用語です。

その業界にしかいない人しか使わない言葉があります。

日常会話で使う英語も、その業界に従事している人しかわからない意味で使われていることもあります。

その業界に従事しているひとにしかわからない単語やフレーズは、その業界にいないと対応できるはずがありません。

オンライン英会話を選ぶときは、講師にビジネスの経験がるオンライン英会話を選びましょう。

講師のビジネス経験が豊富なオンライン英会話はこちら

プレゼンや来客時の英語や電話対応など業務別の言い回しをオンライン英会話で磨こう

電話対応や来客時の対応など、業務ごとに必要な英語を学ぶ必要があります。

電話対応は電話の受け答えに一定の言い回しがありますし、来客時の対応のある程度マニュアルに沿って対応することもできます。

一度電話対応も来客対応も練習して覚えてしまえば、実際に対応するときにかなり楽にできます。

また、プレゼンの形もある程度は決まっています。

もちろん内容が違えばプレゼンの進行は違ったものになりますが、ある程度は型があります。

電話対応も来客対応もプレゼンも、ある程度練習しておくことによって型を覚えられるだけでなく、英会話の練習になります。

オンライン英会話を選ぶときは、業務別の英語の言い回しをしっかり練習できるところを選びましょう。

オンライン英会話でビジネスの言い回しをマスターするにはこちら

シチュエーション別のビジネス英語をオンライン英会話で学ぼう

シチュエーション別の英会話を覚えておくと便利です。

挨拶や自己紹介や訪問のアポイントは海外と取引している企業なら避けては通れませんし、ビジネスマンとしては基礎の英語です。

挨拶や自己紹介は型があるので、その型にそって会話を進めていくだけで成り立つ場合が多々あります。

挨拶や自己紹介も日々の練習がものをいいます。

ビジネス上の自己紹介や挨拶や訪問のアポイントをできるようになるまで練習できるのがオンライン英会話です。

自然に口から挨拶や自己紹介が出るようになるまで繰り返して練習しましょう。

オンライン英会話の中でも、挨拶や自己紹介や訪問のアポイントの言い回しの練習にしっかり付き合ってくれるオンライン英会話を選びましょう。

>>シチュエーション別の会話をオンライン英会話で学ぶにはこちら<<

 

オンライン英会話でビジネス英会話を選ぶ基準は講師の質で選ぶ

「講師にやる気がなさそう」

「講師がビジネスをしらなそう」

オンライン英会話は安いだけに講師の質も悪いようなイメージを持っていました。

しかし講師の質の良いオンライン英会話は、講師のやる気はもちろんビジネスマンの英語のニーズにしっかりと答えてくれます。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぼうと思うのであれば、講師の質がしっかりしているところを選びたいです。

オンライン英会話の中にはビジネス英語のコースを設けていながら、大学生のアルバイトに講師をさせているところもあります。

また、講師に自宅やカフェから講師をさせているオンライン英会話は、講師の質がバラバラであたりハズレがあります。

オンライン英会話を選ぶなら誰を選んでも良いオンライン英会話のレッスンを受けたいです。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶ際は、どの講師を選んでもビジネスの経験が豊富でやる気に満ちていて、しかも教えることがうまいオンライン英会話を選びましょう。

講師がビジネスの経験があるオンライン英会話を選ぶ

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶ際に気になるのが講師の質です。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶときは、講師にやる気があるのはもちろんのこと、講師がビジネス経験が豊富かどうかということも考慮します。

いくら英語を教えることが上手くても講師にビジネスの経験がなければ、ビジネス英語を教わることは難しいです。

ビジネス経験者を多く採用しているオンライン英会話もありますし、ビジネス経験者しか採用していないオンライン英会話もあります。

オンライン英会話でビジネス英語を学ぶときは、ビジネス経験がある講師を採用しているオンライン英会話を選びましょう。

>>ビジネス経験が豊富な講師のいるオンライン英会話はこちら<<

 

講師のビジネスレベルが高いオンライン英会話を選ぶ

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶ時は、講師にビジネス経験があるかどうかということを考慮します。

しかし、講師にビジネス経験があるというだけではなく、ビジネスレベルが高い講師を選ぶことができればレッスンはさらに良いものになります。

ビジネスレベルの高い講師に英語を習うことによって、英語のレベルがアップするだけでなく、ビジネスの新たな発想を得ることができます。

さらにビジネスレベルの高い講師から英語を習うことによって、英会話のネタが尽きることがないという利点もあります。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶときは、講師のビジネスレベルが高いオンライン英会話を選びましょう。

>>ビジネス経験が豊富な講師のいるオンライン英会話はこちら<<

講師のティーチングスキルが高いオンライン英会話を選ぶ

講師がビジネスの経験が豊富でも、英語を教えることがうまいとは限りません。

ビジネス経験が豊富であることと、英会話の講師としてティーチングが非常に優れていることはイコールではありません。

英会話の講師として優秀になるためには、オンライン英会話の指導の元に経験を積む必要があります。

英語の発音や言い回しや文法をしっかりと教えてくれる講師が、ティーティングスキルが高い講師と言えます。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶときは、ビジネスの経験があるだけでなく、講師のティーティングスキルが高いオンライン英会話を選びましょう。

ただビジネス経験が豊富で、しかも英会話講師としても優秀な講師を雇っているオンライン英会話はなかなかありません。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶときは、ビジネスの経験が豊富でかつ、英会話のティーティングスキルが高いオンライン英会話を選ぶことができれば失敗はないです。

>>ビジネス経験が豊富な講師のいるオンライン英会話はこちら<<

 

ビジネス英語を学ぶなら費用対効果が高いオンライン英会話を選ぼう

「費用対効果が高いビジネス英会話がしたい」

「質の悪いところはいやだ」

しかしビジネス英語専門のオンライン英会話なら、講師の質もサービスの質もピカイチです。

オンライン英会話の中には「安かろう悪かろう」のスタンスのオンライン英会話もあります。

講師がしっかりと教育されていなかったり、講師がそもそも大学生のアルバイトというところもたくさんあります。

講師の質を見分けるかんたんなコツは、講師がスカイプをする職場に出勤しているかどうかということでわかります。

オンライン英会話の中には、講師が自宅からスカイプでレッスンを提供するスタイルのところがあります。

講師が自宅からスカイプでレッスンを提供するスタイルのオンライン英会話では、講師を管理しきれないという問題があります。

講師を管理しきれていないオンライン英会話は、講師の品質が確保できません。

その分授業はクオリティーが低いものになります。

ただし、講師を一つのところに集めていないところは講師の管理費用がかかりません。

講師を一人一人教育して管理するコストがかからないので、その分授業料を抑えることができます。

講師が自宅からレッスンを提供するところは総じて授業量が安いです。

その分、講師の質やレッスンの質も粗悪なものになります。

しっかりとした講師からレッスンを受けてビジネス英語を磨いていきたい人は、多少レッスン代金が高くても講師のクオリティーが良いオンライン英会話をおすすめします。

講師のクオリティーが良いところは、講師の管理が行き届いているオンライン英会話です。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶなら、多少高くても講師の管理が行き届いているオンライン英会話を選びましょう。

>>費用対効果の高いオンライン英会話はこちら<<

 

ビジネス英語をまなぶためのオンライン英会話の選び方

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

社会人でもうまくスケジュールを合わせることができたり、教材がビジネスに対応していたりと、比べるべきポイントはたくさんあります。

英会話レッスンの予約時間が深夜早朝に対応している

社会人にとって英会話レッスンの予約が深夜や早朝にできることは非常に助かります。

仕事終わりでも予約してレッスンをすることができれば、レッスン時間をフレキシブルに受けることができます。

社会人はその日その日によって、帰宅時間がまばらになることが多いです。

仕事が終わらない日は帰るのが遅くなり、仕事がはやめに片付けば早く帰宅できたりします。

この日に早く帰れるという日が決まっていればその時間にレッスンを受けることができますが、なかなかそうはいきません。

帰宅時間が日によって違う人にとって、予約可能時間がギリギリまで対応していればしているほどレッスンが受けやすくなります。

「今日はレッスンを受けられるから受けよう」というノリで受けることができれば、忙しい人でもレッスンを多く受けることができます。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶなら、予約をレッスン受講のギリギリまで取ることができるオンライン英会話を選びましょう。

社会人にとって深夜早朝のレッスンは重要

社会人にとって、深夜早朝にレッスンを受けることができるのは重要です。

早朝からレッスンを受けることができれば、毎日の朝活としてレッスンを受けることができます。

深夜にレッスンをうけることができれば、帰宅後にレッスンを受けることができます。

どちらも社会人にとって重要なポイントになります。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶときは、深夜早朝にレッスンが対応しているオンライン英会話を選びましょう。

英語初心者がビジネス英会話を学べるオンライン英会話か

「英語初心者だからビジネス英語はむりだろう」

「自分はまだビジネスレベルではない」

ビジネス英語と聞くと、英語のハードルが2段も3段も上がっているような感覚になりました。

でも、英語の初心者でもオンライン英会話でビジネス英語を受けても大丈夫なんです。

むしろ英語初心者に対応しているビジネス英語を教えるオンライン英会話はたくさんあります。

オンライン英会話の中には初心者からも無理なくビジネスで使う英語を学ぶことができるカリキュラムを組んでいるところがあります。

英語初心者でもビジネス英語を学べるオンライン英会話は、教材をレベル別にわけています。

教材をレベル別にわけているので英語の初心者でも無理なくステップアップすることができます。

英語初心者がオンライン英会話でビジネス英語を学ぶときは、初心者の英語に対応しているビジネス英語を専門に扱うオンライン英会話を選びましょう。

>>英語初心者のためのビジネスオンライン英会話はこちら<<

 

教材がビジネス英語に対応しているかどうか

オンライン英会話の教材は、レベル別に分かれています。

オンライン英会話は市販の教材を使う場合と、自社開発の教材を使う場合があります。

どちらも長短ありますがビジネス英語を学ぶなら、自社開発の教材を使っているオンライン英会話を選びましょう。

自社開発の教材を使っているオンライン英会話ほど、レッスンが充実します。

市販の教材を使っているオンライン英会話の講師は、市販のテキストではレッスンに対応できないことが多々あります。

一回一回講師が変わる場合は、いちいちテキストの内容とやってほしいことを説明しなければなりません。

しかし自社開発のテキストを使っているオンライン英会話の講師は、テキストを把握しているためにレッスンがしやすくなります。

そのため講師がストレスなくレッスンを進めることができることによって、レッスンは充実します。

また、教材のレベルが細かく分かれていれば分かれているほどレッスンは充実します。

文法で言えば、I, you, he, sheといった主語の使い方レベルからはじまって、最後は関係代名詞レベルまで学べるほど細かい教材を使っているオンライン英会話を選びましょう。

教材のレベルが細ければ細かいほど、自分のレベルにマッチした教材を使うことができます。

また、レベルが細かいほど自分の弱点をピンポイントで強化することができます。

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶときは、自社開発の教材を使っていることと、レベルが細かく分かれている教材を使っているオンライン英会話を選びましょう。

>>自社開発の教材を使っているオンライン英会話はこちら<<

サブコンテンツ

このページの先頭へ