英語を話せるようになりたい方へ

仕事で職場で、英語を話さなければならない状況ではありませんか?

 

英語を使う職場なのに英語を話すことができないと、自分はこの職場には不要なのではないか?と常に不安と戦っていなければなりませんし、肩身も狭く毎日が非常に辛いです。

 

英語の電話がかかってきて、緊張とプレッシャーのあまり電話を切ってしまった。。同僚の白い目。。英語を話せないと会議は恐ろしく長く感じ、海外とやり取りするのも苦痛を伴います。

 

とにかく英語が話せないというだけで、緊張のあまり毎日吐きそうになっていませんか?なんだか「英語ができる人」が「仕事ができる人」のような錯覚まで起こし始めてしまっている。。

 

「何としても英語を話せるようにならなければならない」という方に向けて「英語の缶詰」を送おくりします。

 

英語を話せるようになるためには?

英語を話せるようになるためにやることは、

 

「話すための英文法」を思いっきり練習する。

英会話を実践する。

 

これの繰り返しです。

 

そのためには、オンライン英会話や英会話学校をフル活用する必要があります。。

 

英語の缶詰は話すための英文法をいかに鍛えるか?を主眼としている

「英語の缶詰」では「話すための英文法」をいかに鍛えるか?ということを主眼としています。

 

「話すための英文法」を学ぶには、オンライン英会話が一番です。なぜならオンライン英会話は、「話すための英文法」を鍛えるために必要な3つの要素を兼ね備えているからです。

 

1,講師と自分のやりたい練習ができること

2,毎日できること

3,スキマ時間でできること

 

この3つのポイントを満たしやすいのは、オンライン英会話です。

 

 

英語が話せるようになるためになぜ「話すための英文法」が必要なのか?

英語を話せるようになるためには、「話すための英文法」を鍛える必要があります。話すときに「英文法」を使いこなせなければ、いつまでたっても英語を話すことはできません。

 

間違った勉強法のひとつに、「スピーキングに英文法はいらない」とドヤ顔で吹聴する人がいます。日本人の間違った勉強の仕方を助長しています。

 

「スピーキングに英文法はいらない」と主張する人の根拠として、「三人称単数系にsをつけなければならないと考えながら話すことは不可能でしょ?」というロジックで解説してきます。

 

確かに話しながら「三人称でも複数だからsはいらない」「現在完了系haveのあとのhaveは過去完了形のhadにしなければならない」と考えながら話していると、会話が成立しません。

 

しかし「現在完了系haveのあとのhaveは過去完了形のhadだ」といった文法法則は、慣れると一瞬にして頭で処理することができます。

 

頭の中で英文法を一瞬で処理できると、現在完了系のhaveを使うときに、条件反射でその後にくる動詞を過去完了形にして話すことができます。

 

これが「話すための英文法」になります。

 

「話すための英文法」は練習によって体得することができる

「話すための英文法」とは、英文を一瞬にして脳で組み立てて話すための文法のことで、練習によって身につけることができます。

 

「話すための英文法」を練習するためには、英文法を口に出して英文を組み立てる練習を徹底的にこなす必要があります。

 

一人でもできますが、誰か英語の話せる人にクエスチョンニングをしてもらうことによって、何回も何回も英文法を使った英文を話すことができます。

 

何回も何回も頭の中で英文を作って話す訓練をしていると、瞬時に英文を頭の中で作ることができるようになります。

 

これがまさに「話すための英文法」の習得です。

 

話すための英文法と並行してするべきこと

「話すための英文法」を習得する過程で、

・発音やイントネーション

・リスニング

も並行して練習していく必要があります。

 

英語を話すためには英語独自のイントネーションがあり、さらに日本語にはない子音や母音の発音も大事です。

 

「話すための英文法」を鍛えると、TOEICのテストも劇的にアップする

知っていますか?

 

「話すための英文法」を徹底して鍛えると、「英文法を口頭で即座に使いこなせる」ようになります。

 

「話すための英文法」を徹底して学習していくと、TOEICテストの点数も劇的に上がります。リーディングセクションでは英文法の出題のウェイトが高いです。

 

「話すため」とは英文法をインプットしてさらに口でアウトぷっとする必要があります。口で常にアウトプットしている英文法を覚えないわけがないのです。

 

リスニングと「話すための英文法」を鍛えるだけで、TOEICテストが攻略できちゃうのです。

 

「英語の缶詰」では英会話の間違った迷信を否定して、正しい知識を提供します。英会話で真剣に悩んでいる。そんなあなたは最後まで御覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ