この記事の目次

オンライン英会話で英会話を効果的に上達する学び方のコツ

オンライン英会話の上達方法

オンライン英会話で英語を上達させるにはコツがあります。

オンライン英会話のレッスンを受ける時に幾つかのことを意識してレッスンをうければ、英会話が上達しやすくなります。

オンライン英会話のレッスンを効果的に受けるために、レッスンを受けるコツを紹介します。

オンライン英会話で英語が上達する活用のコツは「目標」を決めること

オンライン英会話で英語のレッスンを続けるためには、英語をオンライン英会話で達成したい目標を決める必要があります。

英語を勉強するときに、ただざっくりと「英語力をあげたい」と思って勉強していませんか?

目標をしっかりと自覚していないと、本当にやりたいこととは違う方向に突っ走ってしまうことがあります。

「外国人と話せるようになりたい」はずなのに、TOEICテストの勉強をしてしまうことがあります。

外国人と話せるようになりたいのに、一生懸命に単語を暗記したり、リーディングの勉強を永遠にしている方がいます。

これらの勉強は、むしろTOEIC対策の勉強です。

これでは目標に対する達成の手段がずれています。

リーディングの勉強や単語帳の暗記は、外国人と話すための勉強ではないことは一目瞭然です。

目標が「話せるようになる」から「TOEICテストを頑張る」にすり替わってしまっていると、正しくない勉強法を永遠としてしまうことになります。

しっかりと上達をする英語の勉強をするためには、明確な目標を設定して、それに向かって計画を立てることが不可欠です。

「英語力をあげたい」という目標設定だけでは、目標としては曖昧すぎます。

「仕事で昇進したい。」「外資系企業に転職したい。」「日常のコミュニケーションに役立てたい。」「海外旅行で使いたい。」のように、英語を学ぶ目的は人それぞれのはずです。

目標の違いによってやるべき勉強内容や、モチベーションの上げ方、保ち方も異なります。

まずは何のために英語を学習するのははっきりさせることが、英語を最短で上達するコツです。

オンライン英会話は小さな目標の達成で英語力の伸びを確認する

英語を使って何をしたいかという目標を明確にしたら、次に小さな目標を設定すると学習にメリハリをつけて英語力が伸びます。

期間は1ヶ月の目標を決めると良いです。

長すぎる目標では達成する意欲が薄れます。

来年までにTOEICのスコア800点とる!という大きすぎる目標を立てていませんか?

「来年まで」だと、遠い未来の話に感じてしまい、「来月からでいいか」と先延ばしにしてしまいます。

人は締め切りが近いほどやらなければいけない気になる、「締め切り効果」は有名な話です。

学生時代も、テストの前日に勉強がはかどったという経験はないでしょうか。

締め切り効果をうまく使うことによって、目標はより達成しやすくなります。

「来年までに800点」という目標では、締め切りまでの期間が長すぎるのです。

大きな目標を達成するために、小さな目標を1ヶ月単位で設定するようにしましょう。

例えば、「2週間で現在完了をマスターする」「来月の試験でTOEIC500点を取る」「来月のTOEICで600点」という目標を積み重ねていくようにしましょう。

1ヶ月に1回達成を目指す、小目標を設定することによって、毎月達成することで達成感を感じることができます。

達成感を感じることは自信にも繋がります。そして何よりも大事なので、メインの目標を達成するまでのモチベーションの低下を防ぐことができます。

小目標を達成するときは、メインの目標を達成するためにやるべき事を、小目標に設定するようにしましょう。

小目標を設定することによって、英語の学習を計画的に進めることができます。

オンライン英会話で英語上達のコツは、潜在欲求+確かな目標

オンライン英会話で英会話を上達する最大のコツは、英語が話せるようになって自慢したいことをきめることです。

自分の目標と潜在的欲求が明確になり組み合わさると、英語のモチベーションを最大限に上げることができます。

自分の潜在的欲求とは、英語を話せるようになってやりたいことやなりたい本来の姿のことです。

TOEICテストで満点をとるという目標には、「転職しやすくなりたい」「昇進したい」「もてたい自慢したい」という潜在的欲求を満たす手段です。

誰にでも人に言えない隠れた本音というものはあります。

表向きは「仕事のキャリアアップのために英語を勉強している。」と言っていても、実際には別の目的もあるかもしれません。

今一度自分が何故英語を勉強しようとしているのか考え直してみましょう。

自分自身が気づいていない、潜在的欲求が必ずあります。

「英語を話せるようになったらかっこいいと思われる。」

「英語が話せるようになって、異性の前で外国人とやり取りしていたらモテる。」

「職場で尊敬される。」「ブロンド女性をゲットした。」「海外旅行で、現地の人にモテたい。」

ということを考えたことはありませんか?あまり周りの人に言えることではないです。

しかし、このような人に言いにくい欲求も、自分の英語学習における重要なモチベーションになります。

考えるだけであれば自分の自由ですし、他の人に教えることでもないので、自分の潜在的欲求にも素直になることをオススメします。

潜在的欲求を明確にすることで、より英語のモチベーションがあがります。

例えば「昇進して給料が上がるし尊敬されるし異性にモテる」という目標を設定すると仮定します。

英語を使って外国人と話す自分を想像してみてください。

英語を使って活躍している姿を想像することができれば、モチベーションはあがります。

大事なのは毎日、達成した時の自分の姿を想像することです。

達成した自分の姿を想像するだけでワクワクした気持ちになり、モチベーションに繋がります。

オンライン英会話で英語を上達するコツは、「やめないでレッスンを続けること」です。

自分の本当にやりたいことを明確にして、方向性を間違わずにオンライン英会話のレッスンを受け続けましょう。

自分のやりたいことに向かってオンライン英会話のレッスンを受け続けることこそ、英語の上達の秘訣になります。

管理人オススメのオンライン英会話のランキング

管理人オススメのオンライン英会話のランキングはこちら

 

【オンライン英会話の学び方】オンライン英会話のレッスンの受け方

オンライン英会話を効果的に受けるためのオンライン英会話の学び方を紹介します。

オンライン英会話は学び方によって英語上達の効果が変わってきます。

オンライン英会話で英語をのばすための、効果的で効率的な学び方を紹介します。

【オンライン英会話の英語の学習のコツ】英語を使う場所と捉えること

オンライン英会話は英語を学ぶ場所というよりも、「英語を使う場所」として捉えましょう。

英語は使うことによって伸びます。

英語を使うとは、端的に言うとスピーキングをするということです。

英語のスピーキングは究極の英語の勉強方法です。

英語のスピーキングは究極のアウトプット勉強法です。

勉強ではアウトプットが大切です。

覚えたもの(インプットしたもの)をアウトプット(話す)することによって記憶が定着します。

そしてオンライン英会話でスピーキングを行うことによって、英語の総合力を伸ばすことができます。

人間は発する音=聞き取れる音という法則があります。

アウトプットを一番行って語学を学んでいるのは幼児です。

まだ言葉を覚えていない赤ちゃんを想像してみてください。

赤ちゃんの時にお母さんの話す言葉を真似て必死に話そうと声を出します。

赤ちゃんは最初は「ばあ」や「ブーブー」としか話せません。

しかし、まったく話せなかった赤ん坊も、小学生になる頃には普通にコミュニケーションが取れるくらいまで日本語が話せるようになっています。

小学校に入るまでは、ひらがなは勉強する必要がないくらいにできるようになっています。

言葉を話せることによって文章を作る能力が出来上がります。

また、先生の話す言葉もしっかりと聞き取ることができます。

話せるようになっている段階で、ある程度の読み書きやリスニングができるようになるということなのです。

英会話(スピーキング)ができるようになれば、その分聞き取る事ができる範囲も広がるのでリスニング力が上がります。

また、話せる音を文字に当てはめることもできるので、読むことも程度できるようになります。

さらに文字がわかれば書くこともできます。

英会話ができるようになれば、満遍なく英語スキルを伸ばす事ができます。そしてTOIECのスコアをあげる事にも繋がります。

オンライン英会話を使って王スピーキング力を向上させることによって、一緒に読み書きリスニングの能力も高めることができます。

オンライン英会話のレッスンで英語を効果的にあげるには、覚えたものをどんどんレッスンで使いましょう。

レッスン前やレッスン中におぼえた単語や例文を、どんどん口に声にだしてみましょう。

オンライン英会話のレッスンをアウトプットの場ととらえることによって、英語力の底上げ(ボトムアップ)ができます。

そしてオンライン英会話でアウトプット中心のレッスンをすることによって、飛躍的に英語力はアップします。

オンライン英会話での勉強方法はアウトプットを中心に文法を学ぶと上達する

オンライン英会話で英会話を効果的に学習するには、文法をアウトプットを中心に学びましょう。

英文法はスピーキングでも非常に重要です。

文法問題を解くのではなく、実際に文章を口に出して練習することが必要です。

文法を使いこなせなければ、スピーキングは上達しないと言っても過言ではありません。

また文章を組み立てるには英語の文章の法則を理解していなければなりません。

英語のテキストで文法を練習することによって、文章の法則を体で覚えることができます。

英語構文というものを高校で学んだように、「英語は組み立てるもの」です。

その組み立ての骨組みになるのが英文法なのです。

英語の文法の基礎なく英語の学習をふやしても、綺麗な英語を話せるようにはなりません。

英文法の基礎ができていないと、話す英語が壊れた英語(いわゆるブロークンイングリッシュ)になってしまいます。

ブロークンイングリッシュでは英語は伝わりません。

ブロークンな英語だと、話している相手に対して正確に意味を伝えることができません。

文法がきちんとしている英語を使う時より、コミュニケーションがスムーズということはありえません。

オンライン英会話の学習では、実際に口を使って文法を学ぶことが大切になります。

オンライン英会話で英語のスピーキングの練習をするときは、文法をアウトプットを中心に学びましょう。

文法を中心にスピーキングの練習をすることで、英語力は飛躍的に上達します。

 

オンライン英会話で練習して効果的に英語を上達する

オンライン英会話の練習はテーマを決めて取り組むことが必要です。

オンライン英会話で、なんとなく英語を話しているだけでは英語力は伸びません。

オンライン英会話で毎日話しているから英語を使う機会があると思っていても、実際には同じ言い回しや語彙しか使っていないということがあります。

オンライン英会話で毎回同じことしか話す事ができなければ、英語力は上がりません。

オンライン英会話で英語を効果的にあげるためには、一回一回の練習にテーマを決めましょう。

オンライン英会話のフリートークの効果

オンライン英会話のフリートークを漠然と繰り返していても、英会話を上達させることはできません。

ただフリートークを繰り返しても、上記の例のように同じ言い回しや語彙しか使えなくなってしまう可能性が高くなります。

オンライン英会話のフリートークにはなにかしらのネタがないと、25分のレッスンも長く感じます。

英会話を行うにあたって一番大事なことは、英会話を練習する度に、学習するテーマや目標を作って行うことです。

フリートークの話題やネタに困ったら、英会話のネタとネタの探し方は?

オンライン英会話でのロールプレイの役割

ロールプレイングでは実際のシチュエーションを想定して英語を話せるようにすることが目的です。

オンライン英会話でロールプレイングをする時は英語の例文を必死に覚えてはいけません。

例文を覚えるというのは間違った学習方法です。

たしかにはじめは例文を暗記することも必要になります。

しかし、実際の英会話で例文通り会話が進むことはまずありえません。

例文を覚えてしまうと、覚えた例文しか使えずに実際の会話で応用することができません。

ロールプレイングで例文を覚えることを他のことに例えるなら、携帯電話の定型文ばかり使ってメッセージを送るようなものです。

英会話で大切なのは、想定されたシチュエーションで自分で文章を組み立てる力を培うことです。

まず例文を覚えたら、そのあとは自分でどんな状況にも対応できるように練習しておきましょう。

オンライン英会話なら、職業別の英会話のロールプレイングを学べるところがあります。

たとえばホテルやレストラン、タクシーなどで使う英会話を練習できるところがあります。

オンライン英会話をタイプ別の比較はこちらで見れます。

 

【オンライン英会話の復習方法】英語力を伸ばす復習方法

英会話は練習することも大事ですが、復習することも大事です。

ここでは英会話を上達させるためのオンライン英会話の復習方法を紹介します。

オンライン英会話のフィードバックで復習する

オンライン英会話の中には、レッスンが終わった後にフィードバックをもらえるところがあります。

レッスンの終了時に、講師によってレッスンで使った英単語やフレーズをレポートにまとめてもらえます。

レッスンの一回一回のレポートをみることで、レッスンでやったことを復習することができます。

オンライン英会話のレッスンレポートを見直す

オンライン英会話の中には、レッスンのフィードバックとしてレポートを出してくれるところがあります。

レポートでは英会話でつまづいたところや、苦手とするところのレポートを出してくれます。

レポートを参考にすることで、次のレッスンで苦手な部分に注力することができます。

オンライン英会話のスカイプで録音したレッスンをきき返す

オンライン英会話の復習方法として、スカイプを録音するという方法もあります。

スカイプの録音方法は、こちらのウェブサイトを参考にするとパソコン別のアプリを見つけることができます。

レッスンのスカイプを録音することで、自分の英語を生々しく聞くことができます。

自分が実際に話している英語と自分が聞いている自分の英語はかなり違います。

レッスン中に講師が指摘したことがよくわからない場合があります。

スカイプの録音を聞き返すことによって、自分の英語を客観的に聞くことができ、講師の指摘が理解できることがあります。

レッスンのスカイプ録音は、特に発音の復習に効果的なので、是非とも試してみてください。

 

オンライン英会話の始め方と申し込み方法

「準備ができていない」

「オンライン英会話を始めるのはいろいろ大変そう」

オンライン英会話というと、心の準備や実際に準備するものがたくさんありそうで、なかなか先に進めません。

しかし、オンライン英会話をはじめるのに特に準備は要りません。

オンライン英会話を始めるにあたって用意するものは、パソコンだけでオッケーです。

もちろん、マイクやスピーカーやウェブカメラが必要な場合があります。

しかし最近のパソコンには全部内臓されているので、それらがなくても始めることができます。

環境が整っていればパソコン1台ではじめることができるので、今すぐに始めてみましょう。

オンライン英会話の始め方は非常に簡単

オンライン英会話の始め方は、オンライン英会話を提供している会社に申し込めばすぐに始められます。

オンライン英会話の始め方は、非常に簡単です。

オンライン英会話を提供している会社のホームページにいって、無料体験を申し込みましょう。

いろいろなオンライン英会話がいろいろなサービスを提供しているので、まずは自分にあったオンライン英会話を探してみましょう。

タイプ別にオンライン英会話を比較する場合はこちらが便利です。

オンライン英会話はいつから始める?オンライン英会話を始めるタイミングと始めるレベル

オンライン英会話を始めるタイミングは、「今すぐ」です。

初心者の方でも専用のオンライン英会話があります。

もうちょっと英語力がアップしてからと、始めるのを躊躇するのはもったいないです。

全く英語が話せなくても、日本語講師がいるオンライン英会話もあります。

オンライン英会話で徐々に話せるようになれば問題ないです。

オンライン英会話は始めてしまえばすぐに慣れてしまいます。

オンライン英会話は思い立ったときにいつでも始めましょう。

全く英語が話せなくても大丈夫なオンライン英会話は、こちらでタイプ別に紹介しています。

オンライン英会話はいつから始めても全く問題がないので、今すぐに始めてみましょう。

オンライン英会話で用意するもの

オンライン英会話で用意するものは、環境がととのっていればパソコンだけで十分です。

環境が整っているとはどういうことかというと、パソコンにマイクとスピーカーがあればokです。

ウェブカメラはあってもなくてもよいですが、あったほうが良いです。

オンライン英会話はウェブカメラを使って講師とお互いの顔を見ながらレッスンを進めます。

講師の顔はウェブカメラがなくてもこちらで見えますが、こちらの顔を講師は見れません。

ウェブカメラがないと、発音などのレッスンでどのように口を動かしているのかなどを講師が見れません。

また、講師が生徒の顔の表情を見ることができないので、多少講師にとってはやりにくいかもしれません。

パソコンにはスカイプという専用のアプリをダウンロードします。

このスカイプは無料のビデオ電話で、何分話しても無料で通話できます。

たいていのオンライン英会話はこのスカイプを使ってレッスンをします。

オンライン英会話で用意するものは、スカイプをインストールしたパソコンです。

もし、必要をかんじたらマイクがついているイヤホンを購入しましょう。

マイク付きのイヤホンはこちらのヘッドセットがおすすめです。

ウェブカメラはパソコンに内臓されていることが多いいので、内臓されている場合は購入する必要はないです。

もしウェブカメラが内臓されていないパソコンの場合はこちらのウェブカメラがおすすめです。

まずはオンライン英会話の無料体験を受けて、実際の感覚を掴んでみましょう。

オンライン英会話の無料体験はこちらからできますので、まずは無料体験を受けてみましょう。

管理人おすすめのオンライン英会話ランキングはこちら
管理人おすすめのオンライン英会話ランキングはこちら