英語のイントネーションやリズムの特徴と日本語との違い
日本人が英語を使うにあたって、大きな課題の一つとして発音が挙げられます。

リスニングも問題なく、英語を使うことに対しても大分慣れているはずなのに、少しネイティブに自分の英語が伝わりにくい…。

そんな人も実は多いのです。

それはその人が、英語発音が苦手だからというわけではく、日本語を話す全ての日本人にとって英語の発音が慣れないものだからなのです。

それでは日本人にとって英語の発音が難しい理由をお伝えします。

 

英語の発音には独特のリズムがある。

音の発音ももちろんですが、英語には日本にない独特な言葉のリズムがあります。

日本語を学ぶ英語ネイティブの外国人でも、

「日本語は英語と違ってアクセントが少なく、音が平坦だから難しい。」

と言う人はかなり多いです。

英語には日本語にない独特のアクセントがあり、それが英語を話す上で重要と言われています。

英語の発音を学ぶ時に、英文に何か記号やマークを付けたことはありませんか?

きっと、その時に言われたのが「マークを付けた部分を強く発音してください。」でしょう。

強調したい言葉が別にあれば、アクセントをつける箇所は異なります。

 

英語のアクセント

例えばThis is a pen.だと、始まりのThisにアクセントが付き、その後penにアクセントが付くようなイントネーションになります。

このように文章の中でアクセントを加えることによって、英語独特の抑揚のあるイントネーションを作ることができます。

文章にしたら簡単に聞こえるかもしれませんが、実際に言われたとおりにやろうと思うと案外上手くいきません。

というのも、日本語には文章の中で英語ほどアクセントをつけることがないのです。

よって、普段日本語を使い慣れている日本人にとって、英語のアクセントは慣れていないものなので、すぐに英語らしいイントネーションを作ることが困難なのです。

その点、英語と同じ語族であるドイツ語などを母語とする人や、スペイン語やイタリア語などヨーロッパの言語を母語とする人たちは、普段からこのようなアクセントに慣れています。

そのために、ヨーロッパ圏の人たちは、日本人よりも英語を習得するスピードは速いと言われています。

よく「日本人は英語が下手。」と言われるのも、日本人が英語とあまりに言語間の距離がある日本語を母語としているからです。

 

日本語にはアクセントがないのか?

では、日本人は英語のアクセントに慣れていないということを紹介しましたが、実際に日本語にアクセントはないのでしょうか。

実は、日本語には1語1語にアクセントがあるのです。

なので、例えば「私は日本語が話せます。」

という文章だと、

「わ、た、し、は、に、ほ、ん、ご、が、は、な、せ、ま、す。」

という感じに1語1語にアクセントが加わります。

なので、全ての文字にアクセントが含まれているために日本語のリズムが英語と比べて平坦なのです。

一方で英語ネイティブが日本語を話す場合は、

「ワ、タシハ、ニ、ニホンゴヲ、ハナセマース」

という感じに文章の中にアクセントの強弱が加わります。

そのために、抑揚のある外国人訛りの日本語、というものが出来上がるのです。

この話し方こそ、英語を話す時のアクセントのつけ方なのです。

 

どうすれば英語のアクセント通りの発音になれるの?

どうすれば英語のアクセントになれることができるか?

英語のアクセントを習得するためには、口を動かして、より多くの練習を繰り返し慣れることが大切です。

口を動かす練習としてオススメなのが、ペンギンリーダーズの多読教材を使用することです。

ペンギンリーダーズの多読教材は短編小説になっているので、音読することによって英語のアクセントを練習することができるでしょう。

また、CDつきの教材もあるので、CDの話し方を真似る練習も英語アクセントに慣れるために非常に効果的です。

 

英会話学校やオンライン英会話を利用して矯正してもらう方法

実際にネイティブとの英会話を通じて英語アクセントの練習を行うことも非常に効果的です。

たとえば、週に一回英会話学校に通い、英語のアクセントを先生に確認してもらい、改善点などを指導してもらうという方法です。

毎週1回ネイティブの先生に確認してもらえるので、間違ったアクセントを身に着けるということを防ぐことができます。

また、オンライン英会話であれば英会話学校よりも高頻度でレッスンを受けることができます。

毎日レッスンを受けるということも可能なので、毎日講師に英語アクセントの特訓をしてもらうのも良いかもしれません。

毎日英語のアクセントを意識することで、効率よく英語アクセントに慣れることができるでしょう。

方法としては、先ほどのペンギンリーダーズの教材をしようするのが良いでしょう。

先生の前で英文を読み上げ、アクセントと発音を直してもらうようにしましょう。

 

最後に

日本人が、英語アクセントが苦手な理由は、日本語そのもののアクセントが英語と異なるからです。

日本語話者が他の国の人よりも英語習得が難しいのは事実です。

日々の練習で英語アクセントに慣れることは可能です。

多読教材や英会話レッスンを利用すれば、効率よく英語アクセントの練習ができるので是非取り入れていきましょう!

英語にアクセントをつけて、抑揚のある英語話せるようになることは、それほど難しいことではありません。

3ヶ月程度続ければ、アクセントについてはマスターできるでしょう。

英語にうまくアクセントをつけることができるようになれば、かなり綺麗な英語に聞こえるはずです。

英語の発音に悩んでいる方は、是非ともアクセントを意識して英語の学習をしてみてくださいね。