まず、社会人のスキマ時間で勉強となると、まとまった時間を取ることができません。

そんな僅かな時間の中で、読み書きから、リスニング、スピーキングと全ての項目を学習するのは困難ですし効率も良くありません。

そこで、自分の英語を勉強する目的を明確にし、何に重点を置くべきか考える必要があります。

 

社会人ははリスニング(聴くこと)とスピーキング(話すこと)に重点を置こう

そこで、英語を学習する際はリスニングとスピーキングを重視して学習するようにしましょう。

英語は言葉であり、コミュニケーションの材料の一つです。

学生時代の英語勉強は試験対策という目的が大半なので、多くの人が単語を丸暗記したり、読み書きの問題を繰り返し解く、という学習方法を行っていたと思います。

しかし、コミュニケーション目的の英語学習となると、英語の音に慣れる、英語を話すことに慣れるということが必要不可欠です。

そのため、少ないスキマ時間に単語の暗記や読み書きをすることは得策とは言えません。

僅かな時間だからこそ、英語のリスニングとスピーキングを中心に学習することが大事なのです。

そこで、スキマ時間でも効果的な英語の学習方法を紹介します。

 

通勤時間のスキマ時間は絶対活用するべき

まず、社会人にとって空き時間になりがちなのが通勤時間です。

通勤の時間は個人差がありますが、電車に乗っている間や歩いている間などただスマホを触っているだけの時間は誰でもあるかと思います。

そんな空き時間を有効活用することで英語上達に近づくことができます。

通勤時間で声に出して英語を発することは、周囲の人にも迷惑になり、自分自身も恥ずかしいと思います。

通勤時間ではリスニング学習を徹底することをおすすめします。

 

通勤時間のリスニングをする方法

通勤時間のリスニング学習は、手持ちのスマホで簡単に行えます。

通勤時間にスマホで音楽を聴いている人が多いように、イヤフォンで英語音声を聞くだけなら周りの人にも迷惑にはなりません。

そこで、YouTubeなどの動画サイトにある、外国人が投稿している商品の紹介動画や、アニメやドラマの感想動画などを聞くことによって実際にネイティブが話している生の英語を聞くことができます。

または、海外のニュース番組サイトにアクセスをしてニュースを聞けば、アナウンサーの使う綺麗な英語を聞くことができます。

はじめは音声を聞いても何を言っているかわからない部分が多いと思いますが、聞いていくうちに次第に理解ができるようになるでしょう。

スマホのネット通信制限などが気になりますが、パソコンで直接ダウンロードしてスマホにデータを入れるなどを行えば、ネットに繋いで聞く必要がないのでおすすめです。

リスニングの超効果的な学習方法については、英語初心者のためのリスニングの勉強方法という記事でも紹介しています。

 


仕事終わりの1時間を有効活用しよう!

次に社会人の空いている時間となると、仕事が終わり帰宅した後です。

「仕事で疲れているからそんな余裕ないよ!」と言いたくなるところ。

しかしたった1時間でも構いません。

英語を話したいのであれば1時間でも良いので時間を取ることをおすすめします。

1時間で、しかも自宅でできる英会話の勉強方法として、オンラインの英会話レッスンを利用した学習方法があります。

オンライン英会話とは、インターネット上でオンライン英会話サイトにアクセスをし、自分の好きな時間にプロの英会話講師と英会話レッスンができるサービスです。

料金もサイトによって異なりますが1レッスンそこまで高くなく、初回レッスンについては無料や割引のサービスがあるので、色々なサービスを受けられ自分に合ったサイト、講師を見つけることができます。

たった一時間でも、英語を話す時間を作らないのとでは大きな違いがあります。

オンライン英会話の講師はフィリピンなどの第二外国語が英語か、またはネイティブスピーカーがほとんどです。

ですので、現在使われている生きた英語を聞き話すことに非常に効果的です。

 

英会話は録音をして聞き返そう

オンライン英会話レッスンを受ける際には、必ず毎回録音を行うようにしましょう。

録音を行うことで自分の英語の発音を確認でき、先生の質問に対する自分の理解度なども確認することができます。

レッスン中は英語を話すことに夢中で一つ一つ確認することは厳しいと思うので、このように録音しておけばレッスン後に確認ができるのでおすすめです。

そして、オンライン英会話レッスンには、ビジネス英語専用の英会話や、中級から上級向けの先生の質問に素早く答えることを繰り返すカランメソッドなど、様々な種類があります。

自分がどのような英語を勉強したいのか目的を明確にした上で、自分に合った英会話レッスンを受けることで、さらにオンライン英会話レッスンを効果的にできるでしょう。

 

英会話学校で自分のレベルを確認しよう

通勤時間のリスニングや帰宅後のオンライン英会話など、努力を続けている方もいます。

しかし自分が今どの程度英語を使えているのか、自分自身で把握できる人は少ないと思います。

まだ全然使えないと思ったら案外使えるようになっていた、ということであれば嬉しいです。

逆に自分は大丈夫と思っていたら実際に会話して全く話せなかった、ということになったらとてもショックですよね。

そんな意識の差をなくす為に、週に一回程度は英会話学校に通うことをおすすめします。

英会話学校となると財布との相談になりますが、週に一回先生と対面で英会話を行うことによって自分のレベルを確認することに効果的です。

また、先生と対面でのレッスンになるので、オンライン英会話のように音声が聞き取りにくい、理解されにくいという電波や音質などの障害も防ぐことができます。

自分の自然な英語を聞いてもらうことができ、さらに改善点や良かったところなどを教えてくれるので、英語学習に役立てることができるでしょう。

また、英語のレベルチェックになるので、モチベーションも保ちやすいです。

 

毎日の継続が英語上達のカギ!

英語のスキマでできる効果的な学習方法を紹介しました。

ただ、スキマ時間で英会話をするときの一番のポイントは、英語学習を毎日続けることです。

英語を聞く機会の少ない日本に住んでいる以上、ただ生活すれば英語が耳に入るという環境にはありません。

日本にいながら英語を話せるようになろうと決心したのであれば、意識的に英語に触れる必要があります。

外国人と仲良くなるための効果的な場所については、外国人と仲良くなるための簡単な方法と場所で紹介しています。

学生時代のテスト勉強で一夜漬けの丸暗記を行い、テストの時は覚えていたけど時間が経ったら忘れてしまった、というよう経験をお持ちだと思います。

英語のスピーキング力も、使わなければすぐに下がります。

英語学習において一番大事なのが、毎日英語に触れる習慣を身に着け、英語に慣れるということです。

新たな言葉を身に着けようとする時に学習も大事ですが、それと同じように大事なのが言葉に慣れることです。

新しい仕事や環境に慣れようとする時も、それなりの回数や日数をこなそうとするはずです。

忙しい時は1日1時間でも構わないので、なるべく毎日英語に触れるよう意識するようにしましょう。

 

最後に

学生のようにまとまった時間を取ることができなくても、社会人のわずかなスキマ時間で英語学習を行うことは可能です。

しかし社会人は学習する時間が限られています。

英語を実用化させるためにも、コミュニケーション力重視でリスニングとスピーキングを重点的に学習することをおすすめします。

現在ではオンラインで英会話ができるなどネットの普及により、英語を話す機会は多くあります。

それらを日々利用して、英語の音や話し方に慣れる努力を行うようにしましょう。

忙しい社会人にとって、空いている時間はつい休みたくなってしまうものです。

ただ、自分が英語を勉強したい明確な目的を持ち、毎日少しずつ努力をするだけでも、何もしないよりは大分違います。

あまり無理をせずオンとオフのバランスを上手に保ちながら、ぜひ英語学習に励んでくださいね。

もし、1日3時間英語の学習ができるよという方は、知らなければ圧倒的に損!「英語を話せるようになる方法」とは?という記事を参考にしてみてください。

英会話を本気で学びたい方用に、本気の英語の学び方を惜しみなくお伝えしています。

どうぞご参考にしていただき、英語力をアップしてくださいね!