英語を使う仕事を任されるようになったが、何を言っているのかわからない。苦労する。」と感じている人は少なくないはずです。

元々英語を話せる人、英語力に自信があった人でも、仕事で英語を使うようになった途端に話すことができなくて、今までの自信や努力を、打ち砕かれたと感じる人が非常に多いです。

考えられる原因は、

・業界知識がない

・英語力がそもそもない

のどちらかです。

仕事で英語を使うようになって、非常に苦労している人のために、新しい仕事の英語を克服するためにするべきことをお伝えします。

 

仕事で英語ができないのは単純に業界知識の不足?

日本語で考えてみてください。

今まで自分が担当していなかった、新しいポジションに携わる時には、いくら日本語でも全てを理解することは難しかったのではないでしょうか?

そうなのです、日本語ですら内容を理解することは困難なのに、英語でわかるはずがありません

新しい仕事や、新しいポジションで英語を使うことに、大きな悩みを抱えているビジネスマンは非常に多いです。

日本語ですら内容がわからないのであれば、英語で理解できないのも当たり前です。当たり前だからといっても、その仕事を任された以上、解決していくしかありません。

せっかく英語を使う仕事を任されたのですから、そのチャンスを無駄するべきではないのです。

ではどのように新しい仕事で使う英語を攻略したら良いのでしょうか?

新しい仕事で英語が話せないのは、その仕事の基礎的な知識がないことがほとんどです。

逆にいうと、基礎的な知識を身につけることで、英語でのコミニュケーションもとれるようになります。

今回は、効率的に新しい環境での英語に慣れるための、ビジネスの基礎を身につける方法をお伝えします。

 

業界知識のインプットがビジネス英語ができるようになる鍵

新しいポジションを任せられた時に、内容を理解することが難しいのは、自分がビジネスや業界の基礎知識がないことが原因だったのではないでしょうか?

日本語でも、業務内容に関しての基礎知識がなければ、英語でわからないのも当然です。

英語を話すためには、まずは業界の専門用語や業界の基礎知識を学ばなければなりません。業界とビジネスの基礎知識の学習を行いましょう

ビジネス全般の知識から、業界の知識、業界の動向や業界の専門用語を日本語でインプットしましょう。

業界の基礎知識を大量に吸収することによって、日本語の内容が理解できるようになります。

そして、日本語で理解ができれば英語でも理解ができるようになります。

業界用語のブラッシュアップは日経新聞でOK

ビジネス全般や業界の基礎知識を学ぶには、日経新聞の多読をしましょう。

英語でわからないからと、焦って英語で必死に学ぼうとしてしまう人が多いですが、まずは日本語の新聞を読み込むことが大切です

英語とビジネスの基礎知識を同時に学ぼうとすると、どちらも中途半端になってしまう可能性が高く、効率が悪くなります。

新聞は日経新聞を使いましょう。日経新聞以外の新聞は、経済の記事が薄いです

ビジネスで役に立つ情報を得るのであれば、経済中心の新聞を読み込むことが、一番効率良く学ぶことができます。

日経新聞は各業界の流れを追うように記事が書かれていることが特徴です。

経済新聞だけあって、経済全般の動きだけではなく、各業界の動向や技術までが詳しく掲載されています

まずは自分の業界の流れを把握するようにしましょう。

自分の業界の流れを知ることで、どのような行動をするべきか判断できるようになります。

ビジネスを動かす立場になったのであれば、自分が主に携わる業界の情報収集は必須です。

日経新聞では、難しい専門用語が出てくると、必ず丁寧なキーワード解説が入ります

わからない用語が出る度にキーワード解説を毎日読み込むことで、一度に膨大な知識を身につけることができます。

 

日経新聞は、穴があくほど読み込むことがポイント

 

日経新聞に慣れていない場合は、最初は穴が空くくらい読み込むことをお勧めします。

最初に穴があくほど読み込む時間をとることによって、何が経済の主流なのかが見えてきます。

そして実は、日経新聞は業界を物語のように掲載していることに気がつくでしょう

一度に多くの知識をインプットすることができれば、ビジネスの基礎知識を把握する時間も短縮することができます。

自分の業界の内容がある程度把握できたら、自分の業界に関わらない他の業界に関する情報も追っていきましょう。

日経を深く読んでいると、金融、自動車、そしてIT技術についての話題が多いいことに気がつくはずです。理由は、この業界が一番移り変わりが激しく、日本の経済活動の大役を担っているからです。

この三つの業界の流れを抑えて、自分の業界の流れをチェックすれば、ほぼ短時間で日経を読み終わることができます。

政治の方針に関する記事などは、タイトルをみて読むべきか判断します。一面に出ていたとしても、あくまでも指針なので、実現しない可能性も高いです。中には読まなくても良い記事もあります。

重要か重要でないかは、読み込んでいくことによって判断できます

 

情報を蓄えることによって、英語だけではなくチャンスもひろがる

ビジネスではいつどこにチャンスが転がっているかわかりませんし、ライバルたちよりもいち早く動くためには、情報は多ければ多いほど良いのです

チャンスは自分の業界内だけに転がっているとは限らないので、幅広い分野の情報を得ることが、ビジネスにおける成功のポイントと言えるでしょう。

慣れない場合は、情報が混合してしまうので、まずは自分の業界だけに集中してみてください。

徐々に別の業界の情報を読み込むことで、多方面の情報を収集する習慣をつけることができます。

是非実践してみてください。

 

大局の理解でビジネス英語力は大幅にアップする

業界の基礎知識を身につければ、英語の専門用語や専門の単語もすぐに頭に入ってきます。どんな分野も同じように、基礎がしっかりすれば、応用もスムーズにできるからです。

もともと英語ができているので、専門用語や言い回しを覚えれば、英語の表現もたいして難しくなかったということもあります。

経済や業界の大局を理解できれば、細かい用語もすんなり理解できるようになるでしょう。日本語で業界や経済について説明できるようになれば、英語で説明もできるようになります。

日本語で専門用語の意味が理解できれば、英語で応用するだけなのでスムーズにいくのです。

 

英語ができなくて仕事が辛いのは、そもそも英語力が足りないから。

ただ、英語でビジネス上のやり取りをするためには英語力は必須です。英語に自信があると思っている人や、英語が話せると思っている人も今一度振り返ってみてください。

もし、新しい仕事で英語が話せない理由が、英語力が足りないという理由なら、英語力をブラッシュアップする必要があります

特にビジネスの場はフォーマルな場合が多く、英語での丁寧な言い回しや正しい文法は使えて当然です。

英語が話せると感じている人の中には、実際のところは「ブロークンイングリッシュ」の人も少なくありません。

昨今ではしきりに、「英語は伝わればよい。綺麗な英語でなくても問題ない」と主張する一定の人たちがいます。

確かにブロークンイングリッシュは相手に意味を伝えることはできますが、相手に意味を察するという余計な手間を与えてしまいます。

また、英語は時制など日本語にない文法が多い複雑な言語です。

文法がめちゃくちゃのブロークンイングリッシュでは、ビジネスの大事な場で誤解や間違った認識を与えてしまい、ビジネスのチャンスを失うきっかけになる恐れもあります。

「この人の英語はわかりにくいから話にならない。」と思われる可能性もあるでしょう。

そのため、言葉の食い違いで契約の機会を失うという重大なミスを防ぐためにも、文法の正しい英語を話すことを心がけるべきです。

今一度自分の英語力を確認して、気になる部分があればすぐに改善していきましょう。

・社会人のための英語の勉強法は、隙間時間を利用することで効率的に学べます。

 

仕事の英語ができなくて辛い方へ、最後に

英語を使う新しい仕事を任されて嬉しいのは一瞬、その後は訳のわからない仕事内容と英語との格闘」と思う人が多くいます。

英語を使う仕事だからと英語にこだわるのではなく、まずは日本語でビジネスの基礎知識がしっかりと備わっているのか確認しましょう

日本語でビジネスの基礎知識が備わっていなければ、英語でやり取りできるはずがありません。まずは、日本語でビジネスの基礎知識をインプットすることが大切です。

業界の基礎知識は、日経新聞を読むこむことで大局をつかめます。経済の記事を中心に取り扱っている日経新聞は、各業界の流れを追うように記事が構成されていることが魅力です。

まず自分の業界記事をしっかりと読み込み、わからない専門用語はしっかりとキーワード解説で確認するようにしましょう。

日本語でビジネスの基礎知識を把握することができれば、後の細かい専門用語は簡単です。また、日本語で内容を理解しているので、英語にすることも可能でしょう。

しかし英語で説明するには十分な英語力が必要不可欠です。ビジネスの場に相応しい丁寧で正しい文法を使った英語を話せるようになるためにも、しっかりと英語力も鍛えるようにしましょう。