英会話の勉強は、ただ話すことを練習すれば良いと思っていませんか?

確かに英会話をマスターするためには、なるべくたくさん自分で英語を使うことが求められます。

しかし、ただ自分で英語を使っているだけでは間違った英語を覚えやすくなってしまう恐れがあります。

何を聞かれても単語でしか答えられない、単語を並べるだけでしか話すことができない、などです。

文法がめちゃくちゃな英語はブロークンイングリッシュと呼ばれています。

「英語はコミュニケーション。要は伝われば良いからブロークンイングリッシュでも問題ない。」と言う人もいます。

しかし、ブロークンイングリッシュは、相手に「意味を推測させる」という余計な手間を与えてしまう話し方です。

正しい英語を話せていればスムーズに進む会話も、ブロークンイングリッシュになってしまうとスムーズに進まなくなるどころか、相手も話すことを疲れてしまう可能性もあります。

そもそも、せっかく勉強するんですから正しい英語をマスターしたいですよね。そこで、今回は英語の重要な骨組みとも言える英文法の学び方について説明します。

 

話すための英文法を学ぶ

英文法は、正しく綺麗な英語を話すために欠かせません。

骨組みがしっかりしていなければどんな物も壊れやすいように、英文法がしっかりしていないとすぐにブロークンイングリッシュになってしまいます。

「学校で散々やったし大丈夫だよ。」と思う人もいるかもしれません。

しかし、学校でも文法学習はあくまで定期試験や受験対策の学習であり、読み書きをするためだけのものに過ぎません。

英会話をマスターするとなった以上、「話す為」の英文法を学ぶ必要があるのです。

話す為の英文法学習の為に必要なのは、インプットとアウトプットが両方可能である英文法のテキストです。

 

AZURの本を使って、文法のアウトプットを繰り返し練習してスピーキング力をあげる

そこで、AZURの”UNDERSTANDING AND USING ENGLISH GRAMMER”というテキストを紹介します。

自分に合ったレベルを選ぼう
AZURの”UNDERSTANDING AND USING ENGLISH GRAMMER”は、日本語に直訳すると「英文法を理解し使用すること」です。

その名の通り、このテキストは英文法の解説や練習問題だけでなく、ペアで行うペアワークや豊富な例文が含まれています。

英文法を理解し問題の回答率を上げる目的である日本の文法教材よりも、実際に活用するシーンを想定されて作られているので、英会話を学びたい人にとっては非常に効果的なテキストと言えます。

また、このテキストは全文英語で日本語は一切ありません。英語の文法を英語で学ぶことができるので、英語を英語で理解するというトレーニングにもなります。

 

AZURの本は三種類の難易度別に出版されている。

テキストは3種類あり、色で分けられています。3種類は難易度で分けられており、初心者用、中級者用、上級者用となっています。

上級者用のテキストは英語圏の大学に行っても差し支えない程のレベルの高い文法を学ぶことができます。

自分の英文法のレベルをしっかり把握し、自分のレベルに合ったテキストを選ぶようにしましょう。よほど英語力に自信がないのであれば、初心者から始めるべきです。

練習の仕方
次にテキストを使ってどのように練習をすれば良いか紹介します。

まず、このテキストにはチャプターごとに解説とエクササイズがある。エクササイズには、項目ごとの練習問題がたくさんあります。

このテキストは第二言語として英語を学ぶ人専用に作られているので、時制の一致など他の言語に見られない英語特有の文法を重点的に取り上げる等の工夫がされています。

日本人が苦手な項目にも詳しい解説やたくさんの例文と練習問題があるので、一つ一つ確実に理解しながら進めることができるでしょう。

 

文法の練習にはクエスチョンニング

練習では、クエスチョンニングを行うことをオススメします。クエスチョニングとは、質問と回答を繰り返すエクササイズです。

テキストにも例文はたくさんありますが、自分でも学習中の文法を使った文章を作ってみましょう。

その時に質問と回答を両方作り、それを繰り返し口に出しながら練習をします。

英会話学校やオンライン英会話の先生、ランゲージエクスチェンジのパートナーと質疑応答を繰り返すエクササイズをすることも非常に効果的なので取り入れていきましょう。

ワークブックも活用しよう
基本書に対応しているワークブックがあります。

ワークブックにもたくさん練習問題があるので、一つずつクエスチョニングを行うようにしましょう。

ワークブックも一人である程度慣れてきたら、先生や外国人の友人と一緒に行うと効果的です。

 

英文法を使って英会話することが上達のカギ

英文法をテキストで学ぶとなると、問題を解くのに必死になりがちです。

そして気づいたら、問題をこなすことが目的になってしまい作業のようになってしまう可能性もあります。

それでは学校の試験勉強と同じですよね。

英会話の学習で肝心なのは、ひたすら声に出して練習をすることです。

そして、実際の英会話で自然に使えるようになるくらいまで、じっくりと練習をすることが大切なのです。

頭で理解するのと使えるのは違う
先ほど述べたように、「学校で散々やったから大丈夫だよ。」と英会話の学習で文法を勉強しない人は少なくありません。

確かに、厳しい受験勉強を乗り越えてきた人などは特に、文法はもう理解していると思うでしょう。

しかし、実際は頭で理解できていることと、声に出して使うことは大きく違います。

頭で理解していても、口に出して使うためには相応のトレーニングが必要だからです。

 

文法を口で使えることと理解していることは違う。

私自身、海外留学をする前は英文法にかなり自信がありました。

先生に「文法を制する者は英語を制する」と言われていた通りに、ひたすら文法の学習を行い、頭で理解できていたからです。

しかし、実際に留学しチューターにマンツーマンで教わった時に、いかに口に出して文法が使うことが難しいということを痛感しました。

頭ではわかっているはずなのに実際に使えず、かなり悔しく、もどかしい思いをしたものです。

そして、そこで「文法を制する者は英語を制する」という言葉の意味が、頭で理解するだけでなく文法を実際に使える人こそが英語を制することができるのだと気づきました。

多くの人が厳しい大学受験などを乗り越えて「私は大丈夫。」と思っていると思います。

しかし、実際に口で使うということと、文法の知識があるということは全く別のものになります。

英会話で文法学習をする時は、「こんなの簡単すぎ!」というものから、実際に声と出して練習し、着実にしっかりと学ぶことが必要不可欠です。

 

最後に

英会話の学習となると、つい文法の学習をおろそかにしてしまう人が多いのが現状です。

そのため、「話すときはわかりにくいのに、何でメールやフェイスブックのタイムラインはこんなに綺麗なの?」とネイティブに言われてしまう人が多いのではないでしょうか?実際に私がそうでした。

大学受験や定期試験で嫌というほど文法を勉強したという人は多いでしょう。

しかし、英会話の文法学習は頭で理解するだけでなく、実際に声に出して使えるようにトレーニングすることが必要不可欠です。

頭で理解することと、実践で使えるということは大きく違うということを認識するようにしましょう。

英会話で文法を勉強するときは、頭で完璧にわかっていて勉強する必要がない文法から1つ1つ着実に使えるようにトレーニングを行うことが効果的です。

AZURの文法の本”UNDERSTANDING AND USING ENGLISH GRAMMER”は、知識として文法を学ぶことと、実践で文法を使うことの両方に対応したテキストです。

一人でも学習することは可能ですが、先生や外国人の友人に一緒にクエスチョニングを行うことも効果的