womenの発音の難しさ!発音注意単語!!

womenの発音には色々なトラップが仕掛けられています。

発音記号的には、”wímɪn”(米国英語)です。

 

「うぃめん」と発音すればよさそうですが、

それだけではおわらないのが、このwomenです。

 

wの発音の難しさ?

バンクーバーの英会話レッスンに行ったと時に、

なんとなしにwomenの発音を直されました。

 

“w”の発音がなんとなくダメだとのことだったので、

何回も練習した記憶があります。

 

wの発音なのですが、

”うぃい”の発音が少々難しいのです。

 

英会話教室のカナダ人によると、

口をすぼめてから「うぅえ」という感じでwの発音をします。

(これだけではわからないと思いますが笑)

 

その「うぅえ」が難しくて、

何回も何回もやり直しをした末に、やっとできるようになりました。

 

「えめん」の方の発音

「うえめん」の「えめん」の方の発音なのですが、

これはこれで難しいのです。

 

日本語の発音的には、

「うぃみん」というかんじで発音します。

「めん」というよりも「みん」という感じの発音になります。

 

全体で通して発音すると、「うぃいみん」という感じになります。

字面で説明しても仕方がないので、発音機能付きの辞書があったら、

聞いてみてください。笑

(不親切でごめんなさい!!!笑)

 

priest, at last, の発音

続いて、priestとat lastの発音について、

英語のレッスンで指摘されたことをシェアします( ^ω^ )

 

priestの発音は「プリエスト」という感じで読みそうですが、

じつは日本語的に読むと、「プリースト」なのです。

 

発音記号をみれば一目瞭然で、

/príːst(米国英語)/です。

 

意味は、牧師という意味ですが、

一見「プリエスト」と読んでしまいがちなので、

注意が必要です。

 

以前も、レッスン中に指摘されたのですが、

わすれて半年くらいたった今回の英語のレッスンでもやってしまいました。

 

それほどまでに「プリエスト」とよんでしまいそうな単語なので、

是非ともご注意くださいませ!!!!

 

「プリースト」です。「プリースト」

意味は、牧師さんですね。

 

at last

at lastについても、指摘がありましたのでご紹介します。

 

at last,どのように発音しますか??

私は、今回の英語の先生とのレッスンでは、

「アットラスト」のように発音してしまいました。

 

しかし、しっかりとした発音は、

at last/at lást/です。

 

日本語的に発音すると、

「アットラースト」みたいな感じな発音になります。

 

ともすると、「アットラスト」と発音してしまうので、

注意しましょう!!!!

 

ちなみにat lastの意味は、

ついに、とうとう、最後に、など、汎用性が高いので、

おぼえておきましょう☆

サブコンテンツ

このページの先頭へ