ビジネスパーソンにとって「ビジネス英会話」力をいかに鍛えるということは、これからのグローバル社会では必須になってきています。

 

実際に街を歩いていても駅を歩いていても行き先がわからず困っているような外人の姿がふえてきましたし、観光庁の発表する来日外国人数を見てもその数が5年前から比べて格段に増えているのがわかります。

 

余談になりますが、来日外国人数は2015年に1,973万人であり、2016年1月から10月まででついに2,000万人を超えたという日本政府観光局からの統計結果が出ています。

 

5年前は1,000万人にさえ届いておらず、観光庁やホテルや旅館などの旅行産業界の方々が、来日外国人数を1,000万人以上超えるようにがんばろう!!!というような掛け声というか機運が高かったのが今でも嘘のようです。

 

ぽっと、この2、3年で1,000万人の目標が達成されてしまったので、観光産業界の方々はある意味意表をつかれたのではないでしょうか。

 

そんなこんなで、統計の結果を見ても外国人の数が明らかに増えているわけで、(過半数が中国や韓国からの来日者ですが)英語を使う必要性が今後ともますます高くなってくることは明らかでしょう。

 

2020年の東京オリンピックも開催間近であり、ホスピタリティ産業をはじめとして、貿易や商社などはもちろんのこと、ありとあらゆる産業で英語力が必須雨になってきていることは間違いありません。

 

ではどのようにして「ビジネスで使える英語」(ビジネス英語)、特にビジネス英会話力を身につけていったらよいのでしょうか。

 

ビジネス英会話とは何なのか?

さてビジネス英会話力をきたえなければ!!とお話ししてきましたが、そもそもビジネス英会話とはなんのことを指すのでしょうか。

 

英会話には実は、「ビジネス英語」なんてものは存在しないのです。

 

「ビジネス英語」というのは、「10日間で英会話神話」と同じく日本で蔓延している英会話の嘘の一つであり、英語産業がビジネスマンにターゲットを絞って受講なり購読させるために作られた言葉にすぎません。

 

たしかに、ビジネスの場の独特の言い回しなどはあります。接客でいうと、”May I help you?? や 電話でいるところの”How can I heip you??” 、といった挨拶などや相手をMr. やMs.などの敬称で呼ぶなどが当てはまります。

 

しかし、実際その他の英会話は、日常英会話と文法的な難しさは全くと言っていいほど変わらないのが現状です。

 

そもそも普通の英会話力ができないビジネスパーソンが、いきなりビジネス英会話に絞って英語をはなせるようになろうとしても無理があるます。

 

英会話学校などで「ビジネス英会話」を学ぼうとすると、断片的なビジネスのシチュエーションを切り取って、その場面を英語で乗り切っってみましょう!!などというようなお題で英会話の授業がすすみます。

 

はっきりいってそれほど馬鹿げていることはなく、シチュエーションごとに切り取った英会話だけを週に2、3回やってみたところで英会話力が身につくはずがないのです。

 

まず第一に、そう言ったシチュエーションで実際に英会話することなどほとんど来ないと言っても過言ではないでしょう。

 

実際にそのシチュエーションがきたとしても、英会話学校で習ったシチュエーションが終わった瞬間に話せなくなるのが関の山です。

 

断片的に切り取って、「これがビジネス英会話です」というようなものほど無意味なものはないと思っていただいて結構です。

 

では実際にどうやって「ビジネスで使える英会話」をみにつけたら良いのかということになりますが、実はビジネスで使える英会話を身につけるにしても「基本的な英会話力」を鍛えることが一番の近道なのです。

 

「ビジネス英会話」なんてものはないと申し上げましたが、実際はビジネスで英語を使用しますし、ビジネス特有のいいまわしもあります。

 

しかし、ビジネス英会話も元をただせばただの英会話なので、「基本的な英会話力」なくしてビジネスの場で使えるわけがないのです。

 

日本語で考えてみていただいてもそのことは一目瞭然だと思います。しっかりとした日本語がはなせないのに、「ビジネス日本語」が話せるのか?というと全くそんなことはないと思います。

 

そもそも「ビジネス日本語」なんてものがあるでしょうか??

 

たしかにビジネスでしか使わない日本語はあるかもしれませんが、基本的な日本語力なくしてビジネスで使う日本語など話せる訳がないのです。

 

ましてや敬語や略語などの日本語は、基本的な日本語力なくしては話すことは難しいですし、それだけ話すことができても全くもって意味をなしません。

 

確かにビジネスで使う用語はたくさんあります。経営管理(マネジメント)や営業や広告などの言葉がそれにあたりますが、そういった業界で使う言葉は実は単語レベルでの用語がふえるだけなのです。

 

かんがえてみていただければわかるのですが、社会人になった後に新しい文法や新しい日本語を学びましたでしょうか。

 

正しい敬語をブラッシュアップしますが、それは実は中学生の時に習っている日本語です。業界の専門用語を学びますが、すべからく単語レベルでの教育になることは思い出していただければわかると思います。

 

英語についても全く同じことを言うことができ、「ビジネス英語」を学ぼうとおもったら、まずは基礎的な、いわゆる「日常会話」を話すことができなければなりません。

 

基礎的な英語力のアップこそ、「ビジネス英会話」力のアップになり、ビジネスで使う英語を身に付けたいと考えた時にやらなければいけないことは、総合的な英会話力を上げるということなのです。

 

実際にどうやって英会話力を上げていくのかという、方法論については当サイトで惜しむことなくおつたえしていますので、ご参考にしていただければと思います。