日本にいながら英語が話せるようになりたい!そう考える人は多いですよね。英語に限ったことではなく、何かを覚えるためには練習が欠かせません。

 

英語上達を目指してネイティブと話すために、外国人と仲良くなりたいと考える人は少なくないでしょう。

 

でも、実際どうやって仲良くなれるのか、英語が全くできないのにコミュニケーションが取れるのか、行動に移す前に心配事が多く慣れないことも多いいのが国際交流の特徴です。

 

そこで今回は、英語を話すためにバーなどで外国人と仲良くなるための簡単な方法と、外国人と仲良くなるにあたって気を付けるべきことを紹介します。

 

英語が話せないけど外国人とすすんで話にいこう

英語がまったく話せないけど、外国人と仲良くなりたくてバーに行きたい!その勇気はとても素晴らしいと思います。

 

英語が話せなくても大丈夫です。自分から進んでグローバルな環境へ飛び込むことこそ、英語を習得する上でとても大切なことなので積極的に行動しましょう。

 

本当に全く英語が話せなくても、身振りや手振りなどジェスチャーを使って相手に伝えることもできます。

 

「調子どうだい??」”How is it going?””Enjoying??”や「いいバーだよね!」”Good bar! isn’t it?”といった簡単で気軽な会話から入ると、向こうも気軽に話しかけてくれます。

 

また、英語が話せないと言っても理解できる英単語はいくつかあるはずですし、ジェスチャーと英単語を混ぜれば理解度をアップさせることができるでしょう。

 

さらにバーはお酒の席なので難しいかもしれませんが、紙とペンを持っていくことで筆談を交えることもおすすめします。

 

しかし、目的はあくまで英語を話すこと。どんなに話せなくても、英単語を発するだけでも良いので話す努力をしましょう。相手の方も自分と必死に話そうと頑張ってくれている姿を見れば悪い気はしないはずです。

 

バーの初対面の外人に対して気をつけること。

しかし英語が話せないのであれば、話せないなりに気をつけておかなければならないことがいくつかあります。まずお酒の席なので、ノリだけで乗り切ろうとすることはしてはいけません

 

一番大事なのは英語がそこまで理解できないということを相手にしっかり理解してもらうこと、そして理解できないことを聞き流さずしっかり聞いてイエスかノーの答えを出すことです。

 

お酒の席はみんな陽気になりコミュニケーションが取りやすくなる場ですが、その分危険性もあります。

 

わからないことを曖昧に流していたら、気づいたら「こんなはずじゃなかった」という流れになる可能性もあります。

また、イエスとノーを曖昧にして流す日本人の癖は、外国人からすると「自分がない」「はっきりしない人」と見なされてしまうことが多いです。

 

日本に住んで長い人はある程度理解しているかもしれませんが、全員がそうとは限らないので必ず自己主張をするようにしましょう。

 

せっかく得た貴重な出会い、継続していくためには?

さて、実際にバーで知り合った外国人と意気投合し仲良くなれたところで、せっかくのそのご縁をその日限りにしたくない、と思う人は多いですよね。

 

しかし、実際にはバーで一晩楽しくお酒を飲んで、その後二度と会うことがなかったという流れが多いのも事実です。

 

相手が帰国してしまったなどの事情では仕方ありませんが、同じ日本にいるなら是非このまま仲良くしたいですよね。

 

特に、相手も日本語を学びたいという場合に関しては、お互いに言語を教えあう関係を築くことができるので、この繋がりは必ず大事にするようにしましょう。

 

例えばバーでお互いを紹介すると思いますが、その際に語学を勉強している旨を伝えてみましょう。

 

もし相手が日本語を学んでいる、もしくは学びたいのであれば、その流れで簡単に日本語と英語を教え合う約束をすることができるでしょう。

 

バーでさすがに勉強は難しいので、後日カフェでランチをしながらなど先々の約束をすることがポイントです。

 

特に留学生などであれば、学内の国際交流のクラブのような活動に参加していることが多いです。

 

一緒に参加をすればたくさんの日本語を学ぶ学生に出会えるだけでなく、自分が英語を使う機会も広がるのでおすすめです。

 

以上のような流れを作るための第一歩としてはまず連絡先を聞くことを徹底しましょう。

 

連絡の手段としてFacebookなどのSNSは有効

連絡先と言っても電話番号を聞いたり教える必要はありません。

 

現代ではLINEやSkype、FacebookなどあらゆるSNSが普及しているので、SNS上で友達登録するだけでいつでもメッセージを送ることができます。

 

特に外国人のFacebook使用率は非常に高いので、Facebookを持っていない人は事前にアカウントを作っておくと良いでしょう。

 

英語を効果的に練習する方法

バーで知り合った外国人と、仲良くなって話す機会が増えただけでも英語を話す機会が増えるので、必然的に英語を上達することができるでしょう。

 

そこで、少し工夫するだけでさらに練習を効果的にする方法があります。

 

まず、友人の外国人をお母さんと例えてください。そして自分を、英語に少し慣れて話せるようになった1歳から2歳くらいの赤ちゃんに例えましょう。

 

赤ちゃんが言葉を覚える時ってお母さんや周りの人の言葉を真似ることから始まりますよね。

 

はじめは一言から真似ていた赤ちゃんが、気づいたら文章を話すようになっていた流れと同じように、外国人の話す英語の言い回しなどを真似てみましょう。(小声で大丈夫です)

 

できれば外国人の英語の言い回しだけでなく、発音の仕方なども真似るとさらに効果的です。

 

日本人は英語のイントネーションに慣れておらず、外国人が話す英語のイントネーションを真似るだけでも効果があります。

 

その練習を続けていけば、イントネーションや発音も英語に近いものにすることができます。

 

また、もう一つの方法は電話で会話をするという方法です。電話は相手の顔が見えず音声だけで理解する必要があるので、対面での会話よりも難しいとされています。

 

日本語ですらたまに何を言っているのかわからない時もありますよね。電話で英語を話すときこそ、自分の英語レベルがどの程度なのかわかると思ってください。

 

電話で話すことによって、相手に理解してもらおうと必死になるので回数を重ねるごとに上達することができるでしょう。

 

バーで仲良くなれなかったらどうするの?

バーに行ったけど結局その日限りで仲良くなれなった、そんな人も諦めてはいけません。バーへ一緒に行った日本人の友人などに、仲良くなれた人や連絡先を交換できた人がいるか聞き、もしいるのであれば紹介してもらいましょう。

 

友人の紹介、ということであれば初対面の警戒を解く必要もなく、すんなりと仲間に入ることができる可能性があります。

 

また、同じバーに何度も足を運んでみることも一つの手です。

 

例えば、スポーツバーであれば特定のチームの試合の度にバーへ行ってみると、「君いつもここにいるよね。ファンなの?」と顔を覚えてもらえる可能性もあります。

 

同じチームのファンなど共有できる話題があればグッと距離を縮めることができるので是非試してみてください。

 

ここに行けば会える?外国人のいるスポット

東京周辺のスポットで例を出すと、学生が気軽に行けるバーであればhubなどがおすすめです。

 

Hubはスポーツバーの一種で店内には大きなスクリーンがあり、そこでサッカーなどのスポーツを楽しむことができます。

 

また、六本木付近は外国人が多いと言われており、六本木ミッドタウンの入り口にあるA971というお店は、16時から20時までハッピーアワーとなりビールやワインが300円で飲めるので非常にコスパ最強です。

 

少しお高めなバーで言うと六本木ではMADUROR2 SUPPER CLUBなどには、多くの外国人が集まると言われています。

 

店員ですら外国人もいるとのことで店内は英語が飛び交い、思わず日本にいることを忘れてしまうほどの雰囲気があります。

 

バー以外のスポットだと、浅草雷門や明治神宮などの、日本独特の文化が特徴の観光スポットにも外国人はたくさんいます。

 

観光客が多いですが、日本が好きで日本語を学びたいという外国人も多いので、帰国後もSkypeなどで連絡を取りお互いの言語を教え合う関係を築けるかもしれません。

 

また、各国の大使館が密集している、広尾から麻生十番地区付近のカフェやレストランには、大使館に勤める外国人がたくさんいると言われています。

 

カフェでお茶をしている最中にふと話しかけてみる、というのもアリかもしれません。

 

最後に

外国人と仲良くなるための第一歩は、お互いの言語を教え合える関係を築くことです。

 

特に日本語を勉強したくて来日している外国人や、仕事のために来日をしている外国人は、日本人が英語を学ぶことと同じように練習と勉強を必要としています。

 

そこで、「日本語と英語を教え合わない?」とお互いのゴールを掲示することによって、共通の目的が生まれるので距離を一気に縮めることができるでしょう。

 

このような関係は言語を学ぶだけでなく、お互いの文化や異なった考え方を知ることができるので、とても貴重な体験になると思いますよ。

 

是非外国人が集まるスポットへ積極的に行き、良い語学学習のパートナーを見つけてくださいね。