英語を勉強するために短期留学を考えている方もいらっしゃるとおもいますが、

短期留学をして英語力が上がるということは絶対にありません。

 

詳しくは留学しただけでは英語が話せるようにはならないという記事に書きましたが、

長期の留学でさえも勉強の仕方を間違えたら英語を話せるようにはなりません。

 

いわんや短期の留学などということです。

 

では短期留学は全くする価値がないのか?というと、

全くそんなことはないです。

 

短期留学には語学の勉強をする上でどんなメリットがあるのでしょうか??

私の体験から短期留学をするメリットをお話しします。

 

短期留学のメリット:自分の語学力がわかる

語学の勉強として留学するのであれば、

1週間から三ヶ月程度の語学留学では全く語学力のアップには役にたちません。

 

真剣に英語力をあげようと考えているのであれば、

最低でも1年から1年半以上は集中して英語の勉強をしなければなりません。

 

留学先のある日本語のローカル新聞に面接に行った時、

面接官のおばちゃんの発言が言い放った言葉を忘れることができません。

 

そのおばちゃんによると、

 

「外国にきたって英語がしゃべれるようにはならないわよ。

わたしなんて20年近くもこっちにいるのに、

英語なんてしゃべれるようにはならないもの。」

 

ということでした。

 

この発言はある意味真実で、

長年海外にいても、日本人と日本語の環境ではたらいているだけの生活を送っていると、

英語は話せるようにはならないという真理を現わしています。

 

このおばちゃんのように、自分の口からこの真理が飛び出すことは稀ですが、

1年以上の留学でさえもしっかりと目的意識をもって勉強しなければ、

スピーキング力を上げることはできないということです。

 

高いお金をだして留学するのであれば、

しっかりと英語力をあげたいところです。

 

では英語力を上げる目的でなければ、

なぜ短期留学などする必要があるのでしょうか??

 

短期留学では、

生の英語を話すネイティヴスピーカーのいる英語圏に行くことで、

自分の英語力の低さを痛感するという大切な大切な目的があります。

 

自分のスピーキング力とリスニング力の低さがどれくらいなのか知ってこそ、

英語力をあげなければ!というモチベーションがでてきます。

 

短期留学でどのように英語力の低さを痛感し、

それが英語力をあげようと思ったモチベーションになったのかを

ご紹介いたします。

 

短期留学のすすめ。絶望的なほど英語を聞きとれなかった。

私が短期留学をしたのは大学4年生の時でした。

 

正確には留学というよりも大学で知り合った留学生の自宅と、

大学の寮に2週間程度遊びに行っただけなのですが、

留学以上に留学っぽかったので、短期留学したことにしちゃいます。

(実際に大学の授業も出席しました。)(忍び込みで)

 

大学で知り合った友人の大学は、

ニューヨークから南に電車で1時間程度のところにある大学で、

ニューヨークにも日帰りで出かけられる立地にありました。

 

また、友人の家はニューヨークの隣の町、

ジャージーシティーというところに実家がありました。

 

私が留学したのは、ちょうど11月の第4木曜日のサンクスギビングで、

友人がジャージーシティーの実家に帰るということだったので、

一緒にサンクスギビングのお祝いをさせてもらえることになりました。

 

彼の実家に2、3日滞在したのちに、

彼の通う大学の寮に滞在させてもらえることになり、

彼の大学の寮に2週間程度滞在しました。

 

ニューヨークの一人旅から

彼の実家と大学の寮に行く前に、

一人でニューヨークの街をフラフラと出歩きました。

 

まずニューヨークに降り立って思ったことは、

「本当にみんな英語はなしているよ!!!」というショックを受けたのを覚えています。

 

当時の私の英語力はTOEICテストでいうと700点弱のスコアをもっており、

そこそこ英語ができるつもりになっていました。

 

しかも英語学科ということもあり、

ヨーロッパでインド人とある程度会話したことがあったので、

英語がはなせるつもりになっていました。

 

しかしながら、長年勉強してきましたが生で英会話をしている人々を見たことがなく、

生で街の人々が素で英語で会話している場面を見ることができて感動したのを覚えています。

 

今となっては普通ですが、

その時の私にとっては英語がなにか神格化されたものになっていました。

 

英語が全く理解できない。。

そしてアメリカに到着して何よりもセンセーショナルだったことは、

「英語が全く理解できない!!!」

ということでした。

 

初日はホテルに泊まり、

2日目に友人と合流したのですが、

人々が何を言っているのか「全く」理解できなかったのです。

 

先ほども申し上げましたが、その当時のTOEICのスコアは、

700点弱ありました。

 

大学受験では1日10時間勉強し、

大学でも英語の勉強をしてきた私にとって、

英語力にはかなりの自信があったことは言うまでもありませんでした。

 

しかしアメリカに到着して驚いたことは、

「全く」英語が聞き取れず、

「全く」英語をしゃべることができないということでした。

 

そのショックは友人の実家に行っても続くことになります。

 

サンクスギビングでは家族と親戚があつまり、

一堂に祈りを捧げた後に七面鳥をいただきます。

 

友人のうちにも親族がわさわさやってきて、

なにかしらの話をしました。

 

その時の私のうちひしがれた感。

ご理解いただけますでしょうか??

 

「全く」彼らのしゃべる英語を理解することができず、

「全く」英語をしゃべることができなかったのです。

 

さらに私の絶望は続きます。

 

友人の実家でのサンクスギビングのお祝いが終わり、

友人が大学に戻るよ!!というので、友人の大学の寮に一緒に泊まらせてもらえることになりました。

 

アメリカの大学は日本の大学と異なり地方の郊外?にあるこが多く、

友人の大学もまた地方の郊外にありました。

 

アメリカの大学は地方のはずれにあるので、

アメリカの大学生は必然的に大学についている寮に入ることが多くなります。

 

大学の周りにはスーパーや娯楽施設などが集まっていて、

生活はだいたい大学の周りでまかなえちゃうのです。

 

私のショッキングな事件はそこでも続きました。

 

大学の寮に戻った友人は、彼の大学の友達を紹介してくれましたが、、

またまた何を言っているのかわからないし、言いたいことも伝わらない。

という状況が続きました。

 

幸い、私の友人は日本語が堪能だったので、

寮生活はなにも困ることがなく過ごすことができました。

 

彼の通う大学の授業にも出席させてもらい、

寮で開催されたパーティーにも出させてもらいました。

 

約2週間の間はアメリカの大学生の生活をそのまま体験できたのは良かったのですが、

なにせ英語が全く話せないし、全く聞き取ることができないということが、センセーショナルでした。

 

短期留学でしっかり英語を学ぼうと決意できた

約2週間程度の滞在でしたが、

ネイティヴスピーカーだけの環境に身を置けたことは、

非常に現在でも役に立ったことだと思います。

 

なにしろ英語を長年勉強してきて、

あれほどまでに英語が聴けない話せないという事実を突きつけられたことは、

その後の英語学習に対するモチベーションが全く変わりました。

 

その点において、短期留学で自分の英語力のなさを痛感させられることは、

その後の英語学習に対する取り組みかたに影響を及ぼします。

 

日本でTOEIテストをうけて、

高得点とれて満足するような英語学習方法では、

まったく使い物にならないです。

 

TOEIC800だの900点だのとったからといって、

英語のスピーキングとリスニングに関しては、

自信など持たないでください。

 

そんな数字に何も意味はありませんから。

 

また、日本にいる外国人と話ができたところで、

英語に自信なんて持たないでください。

 

彼らは簡単な英語で語りかけてくれていますし、

内容も文脈やコンテンツから想像できてしまうので、

たとえ英語が壊れていても理解してくれちゃいますので。

 

また商談相手の英語がわからないからといって、

邪険に扱うことができないのも事実です。

 

英語のスピーキングで一番難しいのはビジネス英語などではなく、

文脈が読み取れない日常会話なのです。

 

日常会話ができればビジネス英語ができる??

なにをおっしゃっているのでしょうか、全く逆です。

 

はっきり言ってビジネス英語の方が簡単なのです。

 

日常英語ができれば実はビジネス英語も使うことができます。

 

英語を使うビジネスマンが、何が一番苦労するのかというアンケートがありましたが、

実は商談後のちょっとした会話や飲み会の会話に困る。

というアンケート結果が出ています。

 

ビジネスシーンで英語を使って活躍されたいのであれば、

日常会話の習得こそ近道であり、

短期留学は日常会話の習得への第一歩となるという点で、短期留学はおすすめなのです。