オンライン英会話は効果なし?オンライン英会話の効果的な受け方

オンライン英会話はどうなの?オンライン英会話の本音と効果的な学習方法

オンライン英会話はレッスンにテーマを決めてレッスンを受ければ、必ず英語が話せるようになります。

オンライン英会話が意味ないと感じるのは、レッスンにテーマがなく話すこともなくなるのが原因です。

オンライン英会話はテーマがなく受け続けると、そのうち話題に限界がきます。

そうするとレッスンがたのしくなくなり、意味のないものに感じてしまいます。

オンライン英会話を意味のあるものにするには、一回一回のレッスンにテーマを決めて受けることが大切です。

たとえば、仕事の英語を鍛えるためにビジネス英語を受けるなどです。

話題がなければカランメソッドというダイレクトメソッドのレッスンを受けてみましょう。

カランメソッドは講師の質問にひたすら答えるというスパルタのレッスンですが、確実に英語力がつきます。

カランメソッドの詳細はこちらで確認できます。

オンライン英会話にはいろいろなタイプのオンライン英会話があります。

レッスンのテーマを決めるためには、テーマごとにオンライン英会話を選びましょう。

こちらでオンライン英会話をタイプ別に分類して紹介していますので、参考にしてみてください。

オンライン英会話の問題はフリートークで何を話すかということ

オンライン英会話の問題は、話題がなくなってマンネリ化することがあるということです。

オンライン英会話のレッスンを受け始めは、レッスンそのものが新鮮な上に緊張してレッスンも楽しく感じます。

しかしレッスンに慣れてくると、話すことがなくなったりして苦痛になります。

日本人同士で会話をしていて、「結構色んな話をするし大分仲良くなれたなぁ。」と感じることができる相手は10人中10人とは限りません。

では何故、仲良くなれたと思える人と仲良くなれずに疎遠になってしまう人と分かれてしまうのでしょうか?

もちろん相性が良いか悪いかも原因の一つとしてあるでしょう。

しかし一番多い原因は、「話せる話題あるかないか」というところではないでしょうか。

話す話題がなければ、当たり前ですが会話は止まってしまいます。相手からも話題が振られず、自分からも話題を振ることができないと黙り込んでしまいます。

空気も気まずく話すこともない、となると一緒にいることが苦痛になります。気づいたら疎遠になっていることがほとんどです。

話題は良いコミュニケーションを作るために欠かせない要素です。そして、良いコミュニケーションは良い人間関係を作り上げていきます

このことは、日本人同士の話のように思えますが、実は英会話も同じなのです。

言葉に不自由がないはずの日本語のネイティブ同士でも、話題がないと黙り込んでしまいます。

言葉にさえ不自由がある英会話では、日本人同士で話すよりも話題を作ることに重視しなければいけません。

英会話は話す話題で、会話ができるかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。
会話を作るために話題を作ることが何より最優先すべきことです。

オンライン英会話での失敗は話題がないところから起こる

英会話を始めようと思ったときに、真っ先に考えるのは「リスニングできるかな?スピーキングは大丈夫だろうか。」というところでしょう。

もちろん、英語をコミュニケーションの道具として使うのですから、リスニング力やスピーキング力を鍛えることに注力することはとても大切です。

しかし、上記で述べたように、英会話は「会話」なので話題が必要不可欠です。

いくらネイティブ並に英語力があったとしても、話題力がなければ会話は止まり、黙り込んで気まずい雰囲気が流れてしまうでしょう。

リスニング力やスピーキング力を重視したい気持ちはわかりますが、同時に話題力も鍛えていかなければいけないのです。

オンライン英会話を無意味なものにしない、役立つ話題を仕入れる習慣を

日本人同士での会話と同じように、英会話でも話題を作ることは欠かせません。

「あまり英語を話せないということを伝えているから、周りの人たちがきっと話題を振ってくれる。」

と思っていたら、話題がいつか尽きてしまい、自分も出せる話題がない…。となりかねません。英会話には話題は必須です。

常に話題になりそうなネタを仕入れる習慣をつけるようにしましょう。

特に海外のドラマや映画、音楽がおすすめです。

話題のネタ探しのヒントは、英会話のネタとネタの探し方は?という記事で紹介します。

英会話のため、と培った話題力は日本人同士のコミュニケーションでも必ず役に立つはずです。

また、海外の映画やドラマ、音楽に触れることで自分の趣味の幅も広がるかもしれません。

気休め程度にチェックしてみてはいかがでしょうか。

しかし、話題力だけでは英会話は進みません。

同時にスピーキング力やリスニング力を鍛える必要もあります。

話題力と英語力を同時に鍛えることで、さらに効果的にオンライン英会話のレッスンををうけることができます。

オンライン英会話のデメリットをメリットに変えるテーマと話題力の重要性

オンライン英会話のレッスンを効果的なものにするためには、テーマと話題を決めてレッスンを受けましょう。

日本人同士の会話を思い浮かべてください。日本人で初対面の人と話すときに何を話しますか?

近状報告の中で面白かったこと、最近興味のあること、ニュースや芸能人のゴシップ記事、相手の好きなもので話題になっているものなどの話題がほとんどです。

何か面白かったことがあった時に「これは話のネタになる」という人がいますよね。

何か面白いことがあったらすぐに話のネタとして使うように、日本人同士でも話すネタを常に仕入れ、話題を用意することは欠かせません。

日本人同士であれば、日本人なら知っている芸能人の話題や、ご当地ネタなどすぐに話題も仕入れやすいです。

ちょっとアンテナを伸ばして海外のドラマや音楽を見ておくと、外人との話題にも困りません。

話題をふって会話を盛り上げるためには、常日頃から話題を探すアンテナを貼ることが重要です。

オンライン英会話で話すことがなくなる失敗は、話題とテーマがないことで起こります。

オンライン英会話では、話題を仕入れてからレッスンを受けましょう。

オンライン英会話のメリットはテーマを自分で決められること

オンライン英会話のメリットは、レッスンのテーマを自分で決められることです。

オンライン英会話は話題とネタが必要ですが、世間一般の話題でなくても良いのです。

たとえば「今回は発音を徹底的に鍛えてもらおう」と決めることもレッスンのテーマになります。

発音を徹底することによって、講師も自分もそのことに取り組むことができます。

「覚えた文法を使う」「覚えた表現を使う」とレッスンのテーマをきめることが、レッスンの話題となります。

オンライン英会話のレッスンを意味のないものにしないためには、レッスンのテーマを決めましょう。

レッスンのテーマを自分できめることができるのが、オンライン英会話のメリットです。

オンライン英会話のメリットを最大限に活かしてオンライン英会話を活用してみてください。

オンライン英会話のテーマ別タイプ別おすすめはこちら

 

英語力が伸びている気がしない人の、オンライン英会話の効果的な受け方

「英会話力が伸びない」

「勉強してもしても上達しない」

英語力は上達するのに時間がかかり、伸びている実感もわからないと挫折しそうになります。

でも、オンライン英会話のスピーキングテストをうければ、客観的に英語の伸びを判断できるので、学習のモチベーションを保ち続けることができます。

「長い間英会話学校に通っていても英語力がアップしない」と感じている人もいるかと思います。

「講師の問いかけに対して同じ言葉でしか返せない」「同じ単語を頻繁に使ってしまう」と感じている人もいるでしょう。

また、簡単で聴きやすい英会話講師の話は理解できても、ネイティブと街中で話すと、何を言っているのか全くわからないという人もいるでしょう。

英会話である程度つけた自信が「今までの学習はなんだったのか」と一瞬にして崩れ去りますよね。

英会話の練習をしているのに、英語力は伸びていないのでしょうか?

英会話の練習をしているのに英語力が伸びていないということはありません。

ただ、実感できないことが問題なのです。

オンライン英会話の伸びを確認するには、オンライン英会話のスピーキングテストが最適です。

オンライン英会話のスピーキングテストを定期的にうければ、スピーキングテストを目標にできます。

また、モチベーションも保ち続けたままレッスンを受けることができます。

なにより、自分の英語力を定期的に測っていると、余計なことで一喜一憂しません。

なぜなら客観的に英語力を測っているので、英語を話せる範囲を知っているからです。

英語を話せる範囲を知っていれば、話せなくても落ち込むことがありません。

オンライン英会話のスピーキングテストを定期的に受け、英語力を上げていきましょう。

スピーキングテストを受けることができるオンライン英会話はこちらです。

 

英語が伸びている気がしない時に起こっている変化

英語が伸びているかどうかわからない時ほど、英語力は伸びていることが多いいです。

英語を学習していると、どうしても伸びているのか伸びていないのかわからない時があります。

伸び悩んでいる時にしっかりとモチベーションを保っていられるかどうかに英語習得の鍵が潜んでいます。

人間は面白いもので、一回思い込んでしまうと実際に物事も思い込んでいる通りに動いていると感じてしまいます。

「英会話力がアップしない。まったく伸びていない。私はもうダメだ。」と思っていると、本当に英会話がどんどん悪くなっていくように感じ、諦めにつながります。

反対に、「私は英会話を完璧に覚えている。自信がある。」と思っていると、英語力がぴょんと上がることがあります。

自分で自分の英語力はなかなか評価しづらいです。

英語力を自分自身の感覚で測っていると正確な評価はできません。

自分の英語力が伸びているか伸びていないかなど、自分でわかるものではありません。

人は英語に関しては過小評価してしまいがちで、実はかなり成長しているのにダメだと思い込みことはモチベーションの低下を招きます。

英語力の伸びは、客観的に測ると伸び具合を確認することができます。

そこでオンライン英会話の講師の評価やオンライン英会話のスピーキングテストを活用するとよいです。

 

オンライン英会話のスピーキングテストで英語力を客観的に測ろう

ネイティブスピーカーの先生

 

英語力が伸びているのかいないのかを自分で判断する前に、まず客観的に英会話力を測りましょう

客観的に他人に評価してもらうと実際の英語力の伸びを確認できます。

オンライン英会話にはスピーキングテストを実施しているところがあります。

スピーキングテストはオンライン英会話の講師と会話して英語力を測ります。

スピーキングテストを受けることによって他人に英語力を判断してもらえるので、客観的に英語力の伸びを確認できます。

スピーキングテストを定期的にうけることによって、スピーキングテストのスコアを目標にすることもできます。

スピーキングテストのスコアは英検やTOEICテストのスコアに対応しています。

ですので、そのままスコアを参考に英検やTOEIC試験を受けるのもよいでしょう。

英語が伸びている実感を定期的に得ることは、モチベーション維持にかかせません。

スピーキングテストを定期的に受けて、英語力を飛躍的にのばしましょう。

スピーキングテストを受けることができるオンライン英会話はこちらです。

 

当サイトおすすめのオンライン英会話ランキング

当サイトおすすめのオンライン英会話ランキングはこちら

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ