私がカナダに住んでいて感じたこと。

それは、カナダ人は公共の場で不愉快に感じたことは何でも言うな!

ということです。

 

彼ら、(彼女ら)本当に何でも言います。笑

 

日本人だと、ちょっと騒がしい高校生が座っていたり、

マナーが悪い電車の乗客がいたとしても、

にらみつけるのが精一杯で、基本的には誰も何もいいません。

 

しかし、これがカナダ(アメリカ)になると、

彼らは何でも注意します。

 

例えがたくさんあるのですが、

たとえば車いすの乗客がバスに乗ってきたとしましょう。

 

そして誰かが素知らぬ顔で優先席に座っていると、

もうその座っている乗客はだれかに注意されます。

 

「へい!!車いすの方がきたぞ!!あけてあげな!!」

的な感じで車いす優先の席に座っていると言われます。

 

日本人の場合だと、

だれかが座っていたとしても誰も注意することはないでしょう。

 

車いすの乗客は、その人を避けて車を固定するか、

バスの運転手さんが注意するまで誰も何も言わないはずです。

 

しかし、アメリカ(カナダ)は、

真っ先に他の乗客から言われます。

 

彼らはなんでも公共のマナーに反しているな!

と思ったことはすぐに注意してきます。

 

私も、少し混んだ電車の中で、

リュックサックを背負ったまま乗っていたら、

後ろの乗客から注意を受けました。

 

「へい、あなたのバックがあたってるぜ!!

手荷物か何かしな!!」

 

という感じで、言われました。。

 

かれら、基本的に何でも言います。

よくも悪くも、本当にそれは日本人との大きな違いの一つだと思います。

 

「あたりが強い」といえばそうなるのかもしれませんが、

衝突を避ける日本の文化との違いが、そこに現れているのではないかなと思います。

 

日本人は、基本的に衝突や争いを避けようとします。

なるべく、トラブルから避けようと努力します。

 

それが、マナーの悪い人がいても何も言えないという、

悪い方にもでています。

 

言ってしまった方がフラストレーションがたまらず、

良いのではないかともたまに思うこともあります。

 

日本人の場合、

言われるとすぐにカチンときてしまうという傾向もあるような気もしますので、

やはり言わない方が無難のような気もします。

 

海外では、言われても論理で返し、

自分に非があれば正しますし、非がなければ言った方が謝ります。

 

西洋はすべて論理の世界なので、

言われた方もすぐに喧嘩をするのではなくて、

自分の考えを述べます。

 

そこに、日本と海外、特に西洋の文化的な違いがあるなと、

カナダにいたときに感じました。