本日は、カナダやアメリカの異文化コラムを書いてみます(^ ^)

 

バンクーバーのバス事情!

バンクーバーのバスは、日本のバスと違って、

100%電気で走るトラムみたいなバスです。

 

トラムというよりも、バスから電線にエネルギーをもらう送電線がでており、

バスの下は線路ではなく、タイヤで走る形のバスになります。

 

バンクーバーのバス

↑これです

非常にエコで、さすが環境に気を使うカナダだけあるな!

という印象を最初に受けました。

 

ちなみに、電車もskytrainという無人の電車が走っており、

どこに住んでいても中心地へのアクセスは良かったです。

 

あ、そういえば、自転車も持ち運ぶ人が多かったです。

バンクーバーのバス 自転車

↑こんな感じ

3回に1回くらいは自転車を引っ掛ける人がいて、

結構時間を自転車をバスにひっかけてました。

 

私の感覚だと、

自転車をかける時間で注目を浴び、

迷惑なんじゃないかという理由で絶対にやろうとはおもいませんでした。笑

 

我ながら、日本人的感覚がすごいなと、

気がつく瞬間でもあります。

 

しかし実際にカナダ人はあまり気にしていない様子で、

車椅子の方がゆっくりはいってきても、

自転車をかけるのに時間がかかっていても、

あまり気にしている様子はみせませんでした。

 

日本だと、おじちゃんから罵声が飛びそうな気しかしませんが、

そこら辺が日本文化とカナダ(欧米)文化の違いだなと思います。

 

バスの料金

バスの料金は前払い制で、

コインしか使えないというデメリットもありました。

 

運転手さんによっては、

お札しかないというと、料金を払わなくても乗せてせてくれたことがありました。笑

 

まあその時は両親が遊びにきていて、

自分もお札が使えないということは知らないで出したので、

運転手さんは気を使って大丈夫といってくれたのかもしれません。

 

なんて観光客にはやさしい、

バスの運転手さんだったのでしょうか!!

 

2011年頃、カナダに留学していた時に、

通勤でこのエコバスに乗る機会が多かったのです。

 

日本人のバスの乗り方と、カナダ人は根本的にちがうな〜!

と思うことがいくつかありますのでご紹介したいと思います。

 

カナダのバスでは当たり前?車いす乗降車用ボード

日本のバスになくて、バンクーバーのバスにあるもの。

それは、車いす使用者の乗降車用ボードです。

 

バンクーバーのバスには必ずついていて、

運転手さんの操作で、自動で「ぴーっぴーっ」っと、

いたがバスから地面へ180度以上回転して車椅子の方が乗れる仕組みでした。

 

日本の横浜のバスを見ていると、

板を持って行って乗せる?パターンだったと思います。

 

そもそも、あまり日本では車椅子の方がバスに乗っているところを、

見たことがないのでそこらへんの事情には正直疎いです。

 

ただ、バンクーバーにいる時は、

バスに乗るたびに車椅子の方が乗ってきました。

 

 

日本でもそうですが、

バスの前方は完全に車椅子の方優先で、

車椅子の方が乗ってくると皆、のそのそと退散していきました。

 

車椅子の方は、気まずいというよりもむしろ正々堂々としていて、

「どいてもらうのが普通」といった様子でした。

 

カナダ(バンクーバー)は車椅子フレンドリーな国なのだなと、

心底感じました。

 

ただ、車椅子の方もお礼をいう方が多く、

気さくに周りの人に笑いながらお礼をいっていることが多く見られました。

 

日本だと、車椅子の方は少々気まずそうに乗られていることや、

中には車椅子の方に対して文句をいっている方もいたりするので、

そこらへんはカナダは進んでるのかなと感じます。

 

ただ、カナダでは、中には車椅子乗る必要あるのかな?

という人もいたのが印象にのこっています。

 

車椅子にさえ乗っていれば優遇されるので、

その制度を悪用しようとする人が現れるのはまあ当然かなとも思います。

 

そこらへんはもう各々のマナーに委ねるしかないのかなとも感じます。

まあ、見た目では判断できないですが。

 

カナダ人のおおらかさ。

カナダのバスに乗っていていつも思ったことは、

みんなやさしいし、気さくに周りに話しかけるということです。

 

車椅子もそうですが、

乗り方に困っている人がいたら必ず周りの人が助けに入ります。

 

それは、カナダに限らず、

欧米の国全般的にそういう印象ですが、

とにかく周りの困ってる人に話しかけ、助けます。

 

日本だと、乗り方に困っていても

「なにやってんの?」という痛い目線しか飛んでこないor

飛ばしていないので、そこらへんはやぱーり違うなという印象です。

 

どこかの記事でよんだのですが、

ある日本人女性が日本に帰ってきてがっかりしたことは、

「スーツケースを荷台に載せる時にだれも助けてくれない」

ということでした。

 

その人によると、

「あぁ、日本に帰ってきたんだな」

と感じるそうです。笑

 

日本人的な感覚だと、

「なにをあまえてるんだ!!」と喝が入りそうですが、

それほど欧米では手助けが必ず入っていたということです。

 

中途半端なレディーファーストや西洋文化を真似るのであれば、

そういった西洋の隣人愛も見習うべきだなと思いました。

 

他人に対しての無関心が進んでいるらしいですが、

確かに、東京だと人が倒れていてもほっとくといったケースがあります。

 

バスの運転手さん!

日本のバスの運転手さんは、

基本的にぴっちりした制服で運転しています。

 

まあ、接客業だから当たり前だろ?

バスの運転手がきちんとしているのは常識だろ?

と思われるかもしれません。

 

ところがどっこい、

バンクーバーのバスの運転手さんは、

ほぼ全員私服でした笑

 

夏などは、半ズボンにサンダルという、

非常にラフな格好で運転していたのを覚えています笑

 

また、料金面の細いことは、

あまり気にしない印象があります。

 

機械の問題ですが、

そもそもチケットをバスで買う時にお釣りがでなかった。笑

 

たとえば、400円の運賃で500円硬貨を払うと、

100円は帰ってこない仕組みでした。笑笑

 

私が留学していたのは2011年頃でしたので、

いまはもう変わっているのかもしれませんが、

バスに乗る時はいつもきっちりと硬貨を持っている必要がありました。

 

バンクーバーの交通機関の料金設定

いま、思い出したのですが、

バスや電車の料金はゾーンによって値段が区切られていました。

 

バスと電車のチケットは一体型で、

一度買ったら有効時間内(2時間くらいだったような)は、

ゾーンの中であればどこに言っても同じ料金でした。

 

運賃のゾーンは3ゾーンまであり、

ゾーンをまたぐと料金が値上がりする仕組みになっていました。

 

バスに乗る時は電車で使っていたチケットを発券機に通すか、

バスで行きたいゾーンまでの料金を買うという仕組みでした。

 

まとめ

どこの国にも得手不得手や長短ありますが、

欧米人のおおらかさは日本では感じることはできません。

 

それは、日本では他人に迷惑をかけるな、

集団の統率を大切にしろという教育をされてきて、

そういう意識が強いからであると思います。

 

良きにしろ悪きにしろ、

日本では味わえないおおらかな雰囲気が、

カナダのバスでは感じることができました。