IELTSとは..?

日本での英語試験といえばTOEICやTOEFLが主流ですが、IELTSの導入も近年増え続けています。

元々IELTS(International English Language System)は、アメリカやオーストラリア、イギリスなど海外でノンネイティブの英語力を測る試験として使われています。

世界中の英語試験の中でも難関と言われています。

IELTSは、現在140か国10000機関が英語力の認定として定めているテストです。

大学や大学院の入学権利取得や、海外移住の権利取得の為に英語力の証明を行うという、とても重要なテストとなっております。

 

IELTSのスコアが国内でどう重要なのか?

IELTSは今やTOEICよりも認められている英語テストと言っても過言ではありません。

世界中で年間290万人が受験しているといわれ、その数は年々増加傾向にあります。

イギリスやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、ほぼ全ての高等教育機関で認定されており、アメリカでもアイビーリーグ(ブラウン大学、コロンビア大学、ハーバード大学、など)を構成する8大学を含む約3000の教育機関、教育プログラムで認定をされています。

EUでも約2000の教育機関で認定されているので、世界中どこへ行っても通用する英語テストと言っても良いでしょう。

海外の大学、大学院進学を考えている人や、将来移住を考えている人などは是非取っておきたいテストでもあります。

さらに、日本でもIELTSの導入は年々進んでいます。

外国人留学生を呼び込むために作られたプロジェクト、「グローバル30」に含まれる大学(東京大学、慶応大学、京都大学、早稲田大学、など)や、グローバル人材育成支援、スーパーグローバル採択校などの入学要件としても認定されています。

なので、レベルの高い東京大学を始めとする国立大学の推薦でも、IELTSのスコアが使われるようになったのです。

IELTSのスコアを持つことによって、超難関の大学受験を有利にすることができるかもしれません。

また、平成27年から国家公務員試験において、IELTSなどの英語試験のスコアを有する受験者にはスコアに応じて、15点または25点が総得点に加算されることになりました。

このように英語試験の結果が求められる背景には、公務員としても業務に従事する者は基本的な英語力を有することが好ましいとされる考えがあります。

その為、英語力を持った人ほど公務員試験においても有利になると言えるでしょう。なので、少しでも試験に合格するためにも、成績の証明が必要不可欠になったのは言うまでもありません。

 

IELTSのはどんなテスト?

IELTSのテストは2種類に分けられます。

General Moduleという移住やビジネスビザの申請で必要なテストと、Academic Moduleという大学や大学院への入学のために必要なテストの2種類です。

基本的に、ListeningとSpeakingは両方のテストで相違はないですが、WritingとReadingは両方で異なった問題が出ると言われています。

例えば、Academicの方は実際にグラフを分析したり、研究内容を書くなど、まるで大学や大学院でレポートを書くような形式になります。

Generalの方は、ビジネスや旅行などの日常生活の中で手紙を書くといった形式が多く、そのシチュエーションは様々だと言われています。

 

IELTS(アイエルツ)の試験内容

IELTS(アイエルツ)はListening、Reading、Speaking、Writingの4つの部門があります。

それぞれの部門で9.0ポイントが満点とされており、0.5ポイント刻みで加算されています。

スコアの計算方法は、4つのスコアの平均とされており、国によって誤差はありますが、大体7.5ポイント以上あると大学院や医学部、薬学部などの高度なレベルの教育機関で学習することを許されると言われています。

時間配分は、Listening30分、Reading60分、Writing60分、Speaking15分と合計2時間45分のテスト時間となります。

 

IELTSの難易度は高い。ハイスコアを目指そう。

海外の大学進学や移住権取得のためだけでなく、国内でも国家公務員の試験や国立大学の推薦に使えるIELTSですが、それだけ重要視されているなら難しいのでは?と思う人も多いでしょう。

実際にIELTSは一筋縄ではいかないと言われています。実際に日本で良く知られているTOEICなどのスコアと換算してみると、IELTS6.0の基準でTOEICが740点から820点ほど、英検であれば準1級に相当します。

大学や大学院入学に必要なIELTS7.5となると、TOEICはほぼ満点、英検は1級以上のレベルになると言えます。

しかし、これはあくまで目安なので絶対というわけではありません。TOEICにはスピーキングテストがないので、TOIECでいくら満点を取っていてもIELTS7.5には届かない可能性もあります。

ちなみに日本人の平均スコア(4部門平均)は、Academicで5.8点、Generalで5.6点と言われています。

この平均点を考えると、IELTSで7.5を目指すとなると20%以上高いスコアを取得する必要が出てきます。

この内容を他のもので例えてみると、平均の5.8点、5.6点を10kmマラソンとして、7.5点を42.195kmのフルマラソンだと思ってください。

10kmであれば少し走るだけなら走り切れそうな距離ですよね。

例えば、1週間走り込めば走れるくらいです。しかし、フルマラソンになると初心者は相当トレーニングを積んで臨まなければいけません。

トレーニングも1ヶ月以上は必要となるでしょう。IELTSで7.5点を目指すとなるとかなりの学習量が必要になるのです。

 

IELTSを効果的に勉強するために

IELTSを効果的に勉強する方法ですが、まず目標スコアを決めましょう。

目標スコアを決める時は、目標達成の期限も決めることをおススメします。その目標によって学習計画が立てやすくなるでしょう。

問題に慣れることも大事です。

TOEICなどの英語試験を何度も受けた人はわかると思いますが、問題に慣れていないと、何が出るのかわからず余計な焦りなどが出てしまう可能性があります。

または、問題を解くペースを間違えてしまい時間に間に合わなかったということも有り得ます。

しかし、問題に慣れることによって問題のパターンを熟知し、次を予測することができます。

また、問題数も把握できるので、限られた時間でどれほどのペースで解くべきなのかも計算することができます。

なので、販売されているIELTSの問題集を活用し、ひたすら問題を解くことをオススメします。

問題集を解くことによって、自分がどの部門に躓きやすいのか、どのような問題が苦手なのかを知る必要があります。

 

IELTS(アイエルツ)は4部門を満遍なく鍛える必要がある。

IELTSのスコアは4部門すべてのスコアの平均となります。

その為、苦手だから別の部門でカバーをするということができません。

学習や生活をするために証明するテストなので、全てのスキルを満遍なく備えていることは必須と言えます。

ですので、自分の苦手分野が何なのかを知るためにも、問題集を解きながら自己分析を行うことをおススメします。

英語力に悩んでいる方は、「英語がすこしも上達しない方のための、ちょっとしたコツとは?」という記事で英語力アップのコツを紹介しています。

英語力アップの参考になります。

 

IELTSの本番環境で予行演習

そして最後は、公式から出ている予行演習を行いましょう。

見込めるスコアを確認するのももちろんですが、2時間45分の長丁場になるので時間配分に慣れることと、トイレなどのコントロールが出来るようにするために必ず行ってください。

特に、2時間45分の間は問題が次々と出てくるのでトイレに行くことが厳しいと思います。

もちろん試験官に言えば行くことはできますが、その分ペースが乱れ余計な焦りが生まれてしまいます。そんな本番でのミスを防ぐためにも事前に模擬でのテストを行うようにしましょう。

資金力がある方は、IELTSのテストをどんどん受けましょう。

本番でしか味わえない緊張感や、時間配分などをつかめます。実際にテストを受けることによって、テストになれることができます。

今回はスコアが悪くても、次回高得点を取ればよいのです。

 

最後に

海外での学業や移住を考えていない人も、公務員試験や大学進学などを有利に進めることができるIELTSは受けておく価値があります。

この先、IELTSはさらに日本では重要視されていくでしょう。

公務員試験や大学だけでなく、一般企業にもさらに広く浸透されることが予測されます。

まだ知名度はTOIECや英検と比べると低いですが、この先を考えて一度受験してみてはいかがでしょうか?