英語の読み書きやリスニングはある程度できるようになったのに、話すことができない。

または言っていることを理解できるのに話すことができない、という人は多いのではないでしょうか。

もちろん、外国へ語学留学やワーキングホリデーで滞在し、自分を英語が飛び交う環境に送り込むことでスピーキングを上達させることができるでしょう。

しかし、思い立ってすぐに仕事を退職、または学業を一旦休み海外滞在するなど、時間的にも経済的にも実現できる人は少ないのではないでしょうか。

なので、必然的に日本にいながらスピーキング力を伸ばす必要があります。

そこで今回は、日本にいながら英語のスピーキングを伸ばす方法をいくつか紹介します。

英語のスピーキングが伸びない理由

まず英語のスピーキング力を伸ばすためには、当たり前のことのように思えますが、スピーキングの練習は絶対に欠かせません。

英語のテストで良い点を取ろうと勉強した時も、何度も長文を読んだりライティングをしたり、リスニングを行うなど繰り返し練習を行うことで自然と英語に慣れようとしていたはずです。

読み書きやリスニングがある程度できる中で、スピーキングが同じように上達しない大きな原因として、スピーキング練習の機会が圧倒的に少ないことが考えられます。

赤ちゃんが生まれてから母国語を覚えるまでの過程で例えると、まずお母さんなど家族の話す言葉をたくさん聞くことから始まります。

そして、その家族の話す言葉を真似て発することで話すことを覚えていきます。

「ママ」や「まんま」など最初は単語だけなのが、気づいたら「お腹すいた」「ママはどこ?」などと話すようになります。

したがって

聞いた言葉を真似て話す、覚えた言葉を実際に口に出して喋ってみる

という機会が少ない人が多いということが、スピーキングが上達しない原因なのです。

なので、その機会を増やすことによってスピーキング力を上げることができます。

外国人と出会う機会を増やす

英語を話す機会(スピーキングの機会)を増やすのに、一番早いのが外国人の友人をつくることです。

以前と比べて、日本で働く外国人や日本語を勉強しに滞在している留学生は多くなっております。

外国人の友人をつくることによって、ネイティブの発音や言い回しを聞くことができ、さらに英語で会話をする機会を増やすことができます。

また、相手が日本語を勉強しているのなら、お互いに言語を学ぶことができるので発音の仕方やお互いの言語の違いなどを教え合うこともできます。

職場や学校で友人をつくることが何よりですが、もしそのような環境がない場合は、外国人の人が集まるというスポーツバーやレストランなどに行くのも楽しいかもしれません。

特にスポーツのシーズンとなると、スポーツバーなどにはたくさんのファンが集まるため一緒に楽しむことができます。

ただし、お酒が入る場所にもなるので、女性が一人で行くなど避けて必ず友人などと複数で行くようにしましょう。

ニュースのシャドーイングを行う

外国人と会う機会が全くない、という人にも効果的な方法があります。シャドーイングという言葉を聞いたことがありますか?

シャドーイングとは、聞いた言葉をそのまま真似る行為と同じように、聞いた言葉をそのまま影のように後追いして口に出して話す学習方法です。

外国人と会う機会が少ない人は、シャドーイングは自宅で英語の動画や音声などを聞きながら行えるので非常におすすめの方法です。

ちなみに、洋画や海外ドラマでシャドーイングを行うことも効果的です。

ですが、洋画や海外ドラマでは暴力的なセリフや、放送禁止用語をはじめとした乱暴な単語が並べられていることが多いです。

丁寧な英語を覚えたいという人にはおすすめできません。

丁寧で綺麗な英語を身に着けたいという方であれば、海外のニュースなどをインターネットで見ながら練習すると良いです。

特に、カナダ英語(特にカナダ、オンタリオ州の英語)は、北米アナウンサーの標準英語と呼ばれるほど綺麗な英語と言われています。

なので、カナダのニュース番組などのシャドーイングを行えば、発音も綺麗な英語を身に着けることができるでしょう。

もしも、パソコンなどがなく海外のニュース番組にアクセスできないという人は、NHKのニュースであれば言語変更を行い英語にすることができます。

NHKニュースの英語も、比較的標準の英語が使われているのでシャドーイングを行うには効果的です。

シャドーイングも始めたばかりは言葉が早すぎて追いつかない、となりますが、回数を重ねるごとにスラスラと追いかけることができるようになります。

日々、自分の英語が上達していくのも体感しながら行える学習方法なので、楽しく練習することができるでしょう。

ただ、このシャドーイングは実は英語レベルが中級者以上の方にとっては実に素晴らしい学習方法なのですが、初心者にとっては効果は期待できません。

最後に

確かに、外国に滞在することはスピーキング力を上げるために一番効果がありますが、実際に滞在している土地に日本人が多く結局日本語ばかり使ってしまったというケースもあります。

なので、外国に行かなければスピーキングが上達しないというわけではなく、むしろ逆効果になってしまう可能性もあるでしょう。

実際に、英語を話す機会を増やすことが一番上達に大事なことので、日本にいても英語のスピーキングを上げる方法はたくさんあります。

日本にいるからと諦めず自分に合った方法を見つけて、スピーキングをマスターできるように頑張ってください。