人とコミュニケーションを取るということは、日本人同士でも大変なときがあります。

コミュニケーションツールが英語になると、さらに大変でしょう。

文化も価値観も違う外国人と意思を疎通することは、非常に労力を使います。

ただ、英語もある程度「話題」があることによって、ずいぶんコミュニケーションのハードルが下がります。

「話題」こそコミュニケーションを円滑にするものはなく、それは日本人通しでも変わりません。

文化の異なる外国人と、うまく話題を合わせられれば、総合の英語力もメキメキ上がるきっかけができます。

それでは、英語でコミュニケーションを取る場合の、外国人が知っているドラマや映画の話題についてお伝えします。

 

英語のネタは自ら動いて取りに行くこと

日本人同士の場合、普通に日本で生活しているだけで共通の話題を仕入れることができます。

テレビをぼけっと見ているだけでも芸能人のニュースは流れますし、どこにいても何かしらのネタはある程度自動的に入ってきます。

しかし、外国人だと「え、何それ…知らない。」となる話題も多く、ネタになりそうなものを選ぶ必要があります。

日本人との話題作りよりも難しいと思いますが、英会話を盛り上げるためには話すネタを常に仕入れておかなければなりません。

 

外人と会話するためのネタとは?

外国人との話題作りで効果的なのは、海外のドラマや映画、音楽などです。

ドラマは好きな人しか観ないかもしれませんが、洋楽やハリウッド映画は観たことがあるという人が多いのではないでしょうか。

外国人との会話を充実させるために、話題作りにドラマを見たり、音楽を聴いてみる必要があります。

興味がない人にとっては苦痛かもしれませんが、案外好きになって趣味の幅が広がるかもしれません。

外国人と盛り上がるネタ探しの具体的な方法や映画は、「英会話に困らないためのネタの探し方とは?」という記事で紹介しています。

こちらも記事も参考にして、積極的に会話の話題を仕入れてください。

 

同時に英語力もしっかり鍛えよう

話題力が英会話で何よりも最優先にすべきですが、もちろん英語力も鍛えなければいけません。

話題力が豊富なのに、英語を話す力がなければまさに本末転倒でしょう。

せっかく相手の外国人が喜んで話に入ってくれたのに、自分がまったく英語が話せないのであれば、会話として意味がありません。

話題力と英語力を同時に鍛えていく必要があります。

ただ、英会話力も、日々の学習で効果的な方法を実践していけば、日に日に上達を感じることができます。

せっかく英会話をマスターしようと思ったのですから、是非本気で取り組みましょう。

(スピーキング力の鍛え方は「スピーキング力上達のための効果的な勉強方法は?」という記事で紹介していますので、参考にしてください。)